AZ91板材の加工性

Home > AZ91板材の加工性

当社AZ91板材の加工性

Mg合金板材は常温での加工性に乏しいため、一般に加熱しながら加工をプレス加工を行います。
Mg合金板材のプレス加工性は、表面品質、内部欠陥に加え、素材結晶組織の制御が大きく影響を及ぼすとされます。
当社AZ91板材は、素材欠陥の抑制と金属加工技術を活用した組織制御で、素材の加工性を最大限に引き出しています。

  • 最適な加工温度では高い伸びを示し、深絞り加工が可能
  • プレス品の表面は平滑なため、高品位の塗装が可能
  • 高い耐食性とMg合金が持つ切削性によって、ダイヤカットなどの光沢面を施すことが可能

ダイヤカット:ダイヤモンドを刃物に使い、切削、柄を付けること

当社AZ91板材を用いた試作事例

汎用塗装サンプル

メディアケース

メディアケース
板厚:0.6mmt
サイズ:95mm×65mm

PC筺体

PC筺体
板厚:0.6mmt
サイズ:250mm×160mm

モバイル端末筺体

モバイル端末筺体
板厚:0.6mmt
サイズ:90mm×180mm

特殊意匠サンプル

シャープエッジ加工+ヘアライン

携帯電話筺体(シャープエッジ加工+ヘアライン)

携帯電話筺体
板厚:0.6mmt
サイズ:50mm×92mm

ダイヤカット+クリアコート

携帯電話筺体(ダイヤカット+クリアコート)

携帯電話筺体
板厚:0.6mmt
サイズ:50mm×92mm

ページの先頭へ