STEP毎に読み進めていく事で理解度がより高まります
    INFO採用情報

ダイバーシティ

ダイバーシティ

事業が多様でグローバルである以上、そこで活躍する人材も同様です。
住友電工ではさまざまなバックグラウンドを持った人材を積極採用しています。

「グローバルHRMポリシー」を制定し、ダイバーシティを積極的に推進しています

住友電工は、人材や組織のグローバル化を一層加速し、当社グループのあらゆる人材に対し、国籍、人種、性別、年齢などにかかわらず、様々なキャリア機会を提供し、適材 適所の人員配置やダイバーシティを実現していくため、2011年9月に、人材マネジメントに関する全世界共通の基本方針「Global Human Resource Management Policy」を制定しました。

「グローバルHRMポリシー」

  1. あらゆる人材が住友電工グループの一員として活躍し、仕事を通じて成長し、自己実現し、社会に貢献できる会社を目指します。
  2. 国籍や人種、年齢、性別、性自認、性的指向、障がいの有無等にかかわらず、様々なキャリア機会を提供し、グローバルな適材適所の実現を目指します。
  3. 組織の創造性を高め、永続的に発展するため、多様性を重視し、ダイバーシティの推進に取り組みます。
  4. グローバルな事業展開を支えるグローバルリーダーの育成に取り組みます。グローバルリーダーとは、住友事業精神と住友電工グループ経営理念を理解し、ダイバーシティに富んだチームをリードできる人を意味します。

「企業の発展」と「個人の成長」を両立させる「SWITCH+(プラス)運動」をスタートさせています

今後、グローバル競争を勝ち抜いて17VISIONを達成するためには、より一層のダイバーシティ、つまり多様な人材一人ひとりが活き活きと活躍できる職場作りの推進が必要です。そのために私たちは①ワークスタイル②ヘルスケア③コミュニケーション④セルフ・デベロップメントという4つの分野に着目し、取り組みを行っています。
例えば上司から部下への業務指示の明確化、ToDoの明確化、情報の共有化、ファイリングの確実な実施などの基礎的事項の徹底など、部門毎に「業務の見直し」「効率化の推進」に実効のあがるアクションプランを立案、実行に加え、有休取得促進の加速など、ワークもライフも充実させることのできる企業風土の醸成という、最終的な目標達成を目指して活動しています。
「安全第一」、「品質第一」ならびに「環境保全」、さらに「仕事も生活も共に充実」という企業文化、風土をつくっていくことは、当社グループが「Glorious Excellent Company」へと飛躍するために、必要不可欠な活動であり、全社員一丸となった活動の推進を強化しています。

仕事と生活を両立し、充実した人生が送れる職場環境づくりを目指しています

現在、住友電工グループでは、世界40カ国で約24万人の社員の方々が活躍しています。そのうち約8割が日本国外で働いており、多様な人材が持てる能力を発揮すれば、その多様さが新たな活力を生み出すと信じ、ダイバーシティの推進に取り組んでいます。
たとえ、「仕事と生活の両立」を支援するために、育児・介護を支援する各種制度の拡充やジョブリターン制度、社内託児所等の環境整備を進めてまいりました。
また、有給休暇の計画的取得を促進する「部門計画有休(年2日)」や「個人計画有休(年5日)」の導入、一定の勤続期間に応じて有給休暇を連続5日間取得する「ライフサポート休暇」などの制度により、有給休暇を取得しやすい環境作りに取り組んでいます。
今後はさらなる「女性の活躍」支援として、柔軟な働き方を可能にする住宅勤務制度の導入、女性のキャリア形成に向けた研修、管理職のダイバーシティマネジメント力向上のための研修の導入等に取り組み、2020年度までに女性管理職数を2014年9月時点の倍増とすることをめざします。

  • 募集要項
  • 選考フロー
  • Q&A
  • ダイバーシティ
  • 福利厚生
  • 人材育成