STEP毎に読み進めていく事で理解度がより高まります
    INFO採用情報

人材育成

人材育成

新入社員の研修・配属について

制度利用者の声

SEIユニバーシティの発足
「SEIユニーバシティ」は当社グループの教育研修体系の総称です。Glorious Excellent Companyの実現に向けて、これまで構築してきた教育研修体系をさらに発展させ、戦略的・体系的に整備を図っていくもので、基本的には会社・部門によって提供される研修等はすべて「SEIユニバーシティ」に包括されます。
SEIユニバーシティの理念
当社の求める人材像とは、「住友の事業精神を堅持し、会社の経営方針を理解し、基本に忠実で高度な技術・知識を有し、グローバルに通用する人材」です。
そのため、「SEIユニバーシティ」の基本理念として、
  • 住友電工グループとしての企業理念浸透の場
  • 住友電工グループとしての経営戦略・ビジョン共有の場
  • グローバルに通用するために必須の能力・技能・知識向上の場
の3つを掲げています。
人材育成の考え方
会社の目標 当社の人材育成の基本理念は、「一人ひとりの自己啓発への強い意欲」と「職場上司の部下指導と対話」にあります。「目標管理・対話」、「業務遂行・OJT」、「人事評価・ローテーション」のサイクルを研修・教育がサポートし、会社目標の達成を通じて個々人の人材価値の向上を図っていきます。研修・教育においては、「部門内研修」とコーポレートスタッフ部門が提供する「全社研修」が両輪となり、「自己啓発」と「上司の指導・対話」を強力に支えるとともに企業理念・経営戦略に沿った人材育成の実現を目指します。
  • ・企業理念、経営戦略に沿った人材育成。
  • ・「本人の意欲」と「職場上司の指導と対話」が基本。それを「部門内研修」と「全社研修」により支援。
  • ・人事諸制度と連携のとれた研修、教育。
教育体系
  • 階層別研修
  • ニーズ別研修

新入社員の研修・配属について

当社社員としての基本(事業精神・経営理念・安全・環境・モノづくり)を効果的に身につけることを目的に、約3ヶ月の実習期間を設けています。

新入社員の実習スケジュール

4月 入社式。
入社日から約1週間、会社の経営方針・事業概要を中心として集合研修を行います。
~5月末 製作所にて工場実習を約2ヶ月実施。製造ラインでの業務従事を通して、安全・品質・コスト・納期等の製造業としての基本と、工場の職場の雰囲気を体験します。
~6月中旬 語学力や異文化理解等の国際感覚を身につける研修および、仕事シミュレーション等を通じてビジネス感覚を学ぶ研修を2週間実施します。
6月中旬 仮配属が決定し、各部署にて1ヶ月間の仮配属実習を実施します。
7月中旬 本配属として、正式な所属先が決定します。

第二雲雀丘寮

新入社員が実習期間に入寮する寮です。(関西地区に配属になった場合)

制度利用者の声

解析技術研究センター・研究 佃 至弘 Tsukuda Yoshihiro 工学研究科/2011年

――簡単に自己紹介をお願いします。
解析技術研究センターで主に情報通信関係の研究開発支援、事業支援を行っていました。製品開発支援においては、当社製品に活用できる独自の分析技術を開発し、それを活用して開発を加速するという仕事に携わっていました。事業支援に関しては、社内分析機関という立場から、スピーディーに生産にフィードバックする、現場でプロエンと一緒に調査をするということで、歩留まり向上などに寄与するという仕事です。
――利用した制度について教えてください。
海外トレーニー制度を活用しました。海外事業の実体験を通して、グローバル対応力を備えた人材を育成する制度です。
きっかけは2点あります。一つは「生産現場密着」の課題活動を実体験したかったからです。海外での生産が増えている中、より生産現場に近い場所で活動し、自ら課題を発見し自立的に解決へのアプローチを実行することで課題解決能力を高めたかったことです。もう一つが、海外の事業環境に触れることで非日本人を相手にしたコミュニケーションやマネジメントを経験し、ダイバーシティに対する理解を深めたかったことです。
――制度を利用してみてどうでしたか?
現場で事実を自分の眼で確認するようになりました。まだまだ海外拠点では、形式知となっていないことがあります。私自身、事前情報を貰ったものの、いざ検証すると全く異なるということがありました。そのため、自分でしっかりと事実を確認するという意識が強まりました。
また、ツールにとらわれなくなったことも変化点です。日本では、分析装置が揃っていて仕事をするのには良い環境ですが、中国ではツールが限られており、そのなかで工夫して解決アプローチを考えなければなりません。以前は分析ツールありきの考え方でしたが、それにこだわらずに仕事を進められるようになりました。
――今後の目指す姿や、実現したいことを教えてください。
現場主義をモットーに開発や事業の支援を行っていきます。自分の分析技術を高めるのと同時に、協業部署と密接にコミュニケーションを取り、生産現場に密着することで生産技術の感性を高め、課題解決の適切な手法を提案することを目指します。事業部間の知見の展開というのは不十分であると感じており、全事業部とつながりのある解析技術研究センターのセンター機能を活かし、得られた知見を横展開していくことでSEIグループ全体のものづくり力を高めたいです。
  • 募集要項
  • 選考フロー
  • Q&A
  • ダイバーシティ
  • 福利厚生
  • 人材育成