多孔質金属体(セルメット)

Home > セルメットの特徴

セルメットの特徴

  • 材料はニッケル及びニッケル-クロム合金から選択できます。
  • 気孔率は、最大98%までとれます。
  • 通気抵抗が小さく、低圧力損失で流体の処理が出来ます。
  • 大きな比表面積を持っています。
  • 加工性に優れており、打ち抜き加工やプレス加工、パイプ加工等が容易にできます。

製品例

気孔率の定義

セルメットの気孔率は以下のように計算いたします。
気孔率=1-Niセルメット見掛け比重/Ni比重(8.9g/cc)

品番と気孔率の関係

品番が異なってもNiセルメット見掛け比重が同じであれば気孔率は変わりません。

ページの先頭へ