ホーム > 企業情報 > 沿革

沿革

1897(明治30) 「住友伸銅場」開設(会社の創業)
1900(明治33) 逓信省納入用の硅銅線製造開始
1908(明治41) 電力用ケーブル 製造開始
1909(明治42) 通信用ケーブル 試作開始
1911(明治44) 「住友電線製造所」設立(会社の創立)
国産初の高圧地下送電線ケーブル(11,000V)を納入
1916(大正5) 新工場(現大阪製作所)開設
エナメル線 製造開始
1920(大正9) 「株式会社住友電線製造所」設立(会社の設立)
1931(昭和6) 超硬合金工具(「イゲタロイ®」) 製造開始
1932(昭和7) 特殊金属線 製造開始
1939(昭和14) 社名を「住友電気工業株式会社」(現社名)に改称
1941(昭和16) 伊丹製作所 開設
1943(昭和18) ゴム製品 製造開始
1946(昭和21) 東京支店(現在の東京本社)開設
1948(昭和23) 焼結製品 販売開始
1949(昭和24) 架空送電線工事部門に進出
1957(昭和32) NHKに国産初のテレビ放送用アンテナを納入
1961(昭和36) 横浜製作所 開設
四輪車用ワイヤーハーネスを初納入
1962(昭和37) 電子線照射チューブ「イラックス®チューブ」 製造開始
本社を大阪市此花区から現在地(大阪市中央区)に移転
1963(昭和38) ディスクブレーキ 製造開始
1964(昭和39) 電子線照射電線 製造開始
1968(昭和43) 交通管制システム事業に参入
1969(昭和44) 海外に初めての製造拠点(Siam Electric Industries Co., Ltd.)を新設
フレキシブルプリント回路(FPC)製造開始
1970(昭和45) 化合物半導体 製造開始
1971(昭和46) 関東製作所 開設
1974(昭和49) 光ファイバケーブル 製造開始
1976(昭和51) ナイジェリア大規模通信網工事 受注
1978(昭和53) 当社が納入した世界初の双方向光CATVシステム「Hi-OVIS」運用開始
1981(昭和56) 光LANシステム初納入
1982(昭和57) 世界最大級1.2カラットのダイヤモンド単結晶の合成に成功
1985(昭和60) 筑波科学万博で、当社が納入した鍵盤楽器演奏ロボットやリニアモーターカーの電気系統システムが活躍
1996(平成8) 酸化物系高温超電導線材の長尺化技術を開発
1997(平成9) 当社創業 100周年
1998(平成10) エコロジー電線・ケーブルを開発・発売
1999(平成11) 住友電工ファインポリマー(高分子機能製品事業) 営業開始
2001(平成13) ジェイ・パワーシステムズ(高圧電力用電線事業) 営業開始
2002(平成14) 住友電工ネットワークス(ネットワーク機器) 営業開始
住友電工スチールワイヤー(特殊金属線事業) 営業開始
住友電工ウインテック(巻線事業) 営業開始
2003(平成15) 住電日立ケーブル(建設・電販向け電線事業) 営業開始
住友電工ハードメタル(粉末合金・ダイヤ製品事業) 営業開始
2004(平成16) アライドマテリアルの完全子会社化
世界で初めて、高温超電導ケーブルの商業契約を締結
2007(平成19) 住友電装の完全子会社化
日新電機の連結子会社化
2008(平成20) テクニカル・トレーニング・センター開設
すみでんフレンド設立(特例子会社)
2009(平成21) 住友電工デバイス・イノベーション発足
2010(平成22) 研究本館WinD Lab開設
SEIオプティフロンティア発足
2014(平成26) ジェイ・パワーシステムズ完全子会社化
120周年記念歴史動画
ページの先頭へ