ホーム > CSR > 社会性に関する取り組み > 人材育成 SEIユニバーシティ

人材育成 SEIユニバーシティ

「SEIユニバーシティ」とは

「SEIユニバーシティ」は住友電工グループの教育研修体系の総称です。
「Glorious Excellent Company」を実現するためには、社員一人ひとりが住友事業精神や住友電工グループの経営方針を深く理解するとともに、自己を高めていく必要があります。それを支えるために、「SEIユニバーシティ」のもと、グループ全体としてさまざまな研修を拡充し、人材価値の向上を図っています。

「SEIユニバーシティ」の基本理念(全員教育)

当社グループの求める人材像とは、「住友事業精神を堅持し、会社の経営方針を理解し、基本に忠実で高度な技術・知識を有し、グローバルに通用する」人材です。そのため「SEIユニバーシティ」の基本理念として、

(1)
住友電工グループとしての企業理念浸透の場
(2)
住友電工グループとしての経営戦略・ビジョン共有の場
(3)
グローバルに通用するために必須の能力・技能・知識向上の場

の3つを掲げています。

人材育成の基本的な考え方

当社グループの人材育成の基本的な考え方は、「一人ひとりの自己啓発への強い意欲」と「職場上司の部下指導と対話」にあります。「目標管理・対話」、「業務遂行・OJT(オンザジョブトレーニング)」、「人事評価・ローテーション」のサイクルを研修・教育がサポートし、会社目標の達成を通じて個々人の人材価値の向上を図っていきます。
研修・教育においては、「部門内研修」とコーポレートスタッフ部門が提供する「全社研修」が両輪となり、「自己啓発」と「上司の指導・対話」を強力に支えるとともに企業理念・経営戦略に沿った人材育成の実現を目指します。

人材育成の基本的な考え方

主な研修制度

生駒セミナーハウス
生駒セミナーハウス
南箱根セミナーハウス
南箱根セミナーハウス

「SEIユニバーシティ」には経営幹部から新入社員までさまざまな研修プログラムがあります。全社研修としては、特定の階層・業務ごとに行う階層別(必修)研修、業務ニーズに応じて希望者が受講する選択型研修などを行っています。また各部門で、目標管理を軸とした日常のOJTを含め、それぞれに必要なスキル・知識を部門内研修として展開しています。
なかでも全社員必須の教育として、次の項目を基礎5科目とし、ビデオによる展開や各研修に織り込んで実施しています。

  1. ①事業精神・経営理念・CSR
  2. ②経営方針・ビジョン
  3. ③コンプライアンス
  4. ④安全・環境・品質
  5. ⑤ダイバーシティ

さらに、グローバルに活躍する人材育成に向け、海外現地法人の幹部社員と日本人基幹職との合同研修「グローバル・リーダーシップ・プログラム」、米国、欧州、中国、東南アジアの各地域で現地法人のマネジャーを対象に、事業精神の浸透とマネジメントスキルの向上を図る「マネジャー研修(Sumitomo Electric Group Management Program based on the Sumitomo Spirit 略称:MPSS)」,中国・タイ・インドネシア・マレーシアや米国などの現地のモノづくりキーパーソン育成を目的とする研究会、海外赴任前の社員を対象とした「国際ビジネスパーソン育成講座」など、国内外様々な取り組みを行っています。

海外展開している研修プログラム(グローバルリーダーの育成)

グローバルで活躍するリーダーにとって、仕事上の高い能力はもちろんのこと、そのベースとして高い人格が必要です。経験や能力も大切ですが、同時に人として優れていることが、リーダーには求められます。こういう考え方のもと、住友事業精神を自ら実践できるグローバルリーダーの育成を目指し、日本はもちろん世界の様々な地域において、モノづくり研修、リーダーシップ研修などを積極展開しています。

研修プログラム概要
研修プログラム概要
中国・仕事の教え方研修
中国・仕事の教え方研修
米国・モノづくりキーパーソン研修
米国・モノづくりキーパーソン研修

Action Learning
実際の経営課題にチームで取り組む実践型のプログラム

Action Learning

住友電工グループの執行役員や部門長クラスを対象とし、部門横断的に5~6名で構成されたチームが、 その時々の経営に関わる重要テーマについて数か月にわたって検討し、 ボードメンバーに課題解決に向けた提案を行う実践型の研修です。 2010年度からは、Global Leadership Development Programの卒業生を中心に海外からも参加しています。
アクションラーニングで出された有益な提案は、実際の経営に活かされ、実現されていきます。

Global Leadership Development Program (GLP)
グループ各社の幹部社員が日本に集合するプログラム

毎年各国の住友電工グループ各社の幹部社員を日本に招聘し実施するリーダーシップ開発プログラムです。日本人幹部候補とともに、住友電工グループの経営理念や住友事業精神を学び、グループの経営課題について議論し、住友電工の社長および経営幹部に向け、プレゼンテーションを行っています。

社長の講義を受けている様子
グループディスカッションの様子

SEG Management Program based on the Sumitomo Spirit (MPSS)
マネジャー層に対するマネジメント研修

MPSS1

海外関係会社各社の中核となるマネジャー層に対し、住友事業精神の共有と、部下に対するマネジメントスキルの向上を目的とした研修です。2012年から開講し、これまでに欧州、北米、中国(華東地区、華南地区)、東南アジア、メキシコで開催しています。急速なグローバル化の中にあっても、当社グループの基本理念が共有されていくよう、取り組んでいきます。

MPSS2 MPSS3 MPSS4

モノづくり人材育成とG活(グループ活動)

テクニカルトレーニングセンター
テクニカルトレーニングセンター

住友電工グループの「モノづくり」人材育成をめざした研修は、テクニカルトレーニングセンター(2008年10月、伊丹製作所内に設立)を核として行っています。 テクニカルトレーニングセンターでは、「モノづくり」の基礎から最新の技術・技能を、実機・現物に触れながら原理原則と五感を通じて体得することを基本に、安全・環境、品質、改善、現場管理等の「モノづくり」の基礎教育から、当社グループが保有する共通の固有技術や技能、設備技術や保全技術などの専門教育まで 各種カリキュラムを揃え教育研修に取り組んでいます。また、最新のモノづくり革新や現場改善、工場基盤整備等の取り組み事例の紹介など「モノづくり」に関する情報発信も行っています。
日本の製造業の競争力の源泉は「カイゼン」活動にあると言われますが、工場・現場は文字どおり「会社の宝」、各現場での一つ一つの地道な活動の積み重ねが会社の利益につながります。住友電工では「G活(グループ活動)」と称して各職場における改善活動をグループ・グローバルに展開しています。職場のモノづくり体質改善や業績貢献に加え、職場のメンバー全員が参加しチームワークで目標に向かってチャレンジする過程で達成感や充実感を得ながら一人一人が成長していくことを狙いとしています。

社長賞受賞のみなさん
社長賞受賞のみなさん

こうした活動の優秀事例は、毎年7月に各事業本部の代表が集い開催される「住友電工グループG活発表大会」の中で情報共有しています。社長をはじめ役員、部門長、現場関係者を含め毎回300名程のメンバーが参加する場で表彰し、活動の活性化も図っています。 同様のG活発表大会は中国、東南アジアでも開催されています。ここでの優秀チームは各事業本部の大会に参加しており、今後事業本部代表に選ばれ本大会に出てくることも期待されます。

ページの先頭へ