2025国際博覧会 大阪・関西へ 住友電工グループはオフィシャルパートナーとして、大阪・関西への万博誘致を応援しています 2025国際博覧会 大阪・関西へ 住友電工グループはオフィシャルパートナーとして、大阪・関西への万博誘致を応援しています

― 大阪、関西、この地への想い ―
住友電工は、1897年に大阪の地で創業し、2017年に創業120周年を迎えました。
現在も、本社の淀屋橋、大阪製作所、伊丹製作所をはじめ、グループ会社も含めますと、関西の様々な地域で、社会の発展に貢献する製品を創出しています。
1970年に大阪府吹田市で開催され、日本中を興奮の渦に巻き込んだわが国初の国際博覧会(万博)。
住友電工は、送電用・通信用ケーブルや“動く歩道”に採用されたスチールコードなどで大会運営をサポートしました。
あれから半世紀余り。再び大阪・関西で万博を開催することにより、大阪・関西の素晴らしさを世界の人々にアピールし、お世話になっているこの地をさらに活性化させたい。そんな想いで、住友電工はオフィシャルパートナーとして、2025年万博誘致を応援しています。

2025年国際博覧会の概要

開催場所
夢洲(大阪市臨海部)
開催期間
2025年5月3日~11月3日(185日間)
入場者(想定)
約2,800~3,000万人
2025日本万国博覧会
誘致ロゴマーク

コンセプト:いのち輝く笑顔が輪になって、つながっていくという
国民的なイベントにふさわしい親しまれるロゴマーク

テーマ

サブテーマ:多様で心身ともに健康な生き方
持続可能な社会・経済システム

会員募集
2025日本万国博覧会誘致委員会は、2025国際博覧会(EXPO)の誘致にご賛同いただける方を「会員」として募集しています。
会員登録は「日本万国博覧会誘致委員会HP」から行えます。
2025年国際博覧会の概要

詳しい情報は日本万国博覧会誘致委員会HPへ

EXPO2025
ページの先頭へ

PAGE TOP