すみでんフレンド株式会社

ホーム サイトマップ お問い合わせ
会社概要 方針 業務紹介 社外向け活動 トピックス

方針

Home > 方針

社員一人ひとりが活躍する会社

経営理念

ラジオ体操
経営理念

障がい者が主役の特例子会社

行動指針

1.大きな声で挨拶をする
 挨拶も仕事
2.正しいラジオ体操をする
 ラジオ体操の習得が仕事の習得に通ずる

指導方針

すみでんフレンドでは、3つの指導方針を大事にしながら活動しています。

  • 会社で取り組む全ての仕事を社員全員ができるようにする
  • できない仕事はできるまでとことん指導する
  • できるように教え方、道具を工夫する
  

苦手なことにも時間をかけてチャレンジ。「できる楽しさ」が頑張る原動力になっています。

「できる楽しさ」が頑張る原動力「できる楽しさ」が頑張る原動力
「できる楽しさ」が頑張る原動力

業務上の工夫

“できる”に合わせた道具社員の能力向上への取り組み

“できる”に合わせた道具

仕事をする上で働きやすいように工夫を随所にちりばめています。

水やりの工夫

例えば水やり。鉢の大きさに応じて水の量を調整する作業は簡単ではありません。初めは鉢の大きさに合わせて、ジョウロに目盛りをつけましたが、ジョウロの口から水をこぼしたり、目盛りのところで水をちょうど止めたりすることが難しく、いろいろなやり方を試した結果、今は鉢の大きさに合わせたペットボトルで1本ずつ全ての水をやるようにしています。

“できる”に合わせた道具:水やり用ペットボトル“できる”に合わせた道具:水やり道具一式

また、貸出先の水やり巡廻時はメンテナンスの後で「水よし」「葉っぱよし」「位置よし」「シールよし」「床面よし」と一鉢ごとに指差しコールを行い、点検漏れのないように心がけています。

“できる”に合わせた道具:水やりコール
“できる”に合わせた道具:指さし呼称
緩衝材の袋詰めの工夫

袋詰め緩衝材では、袋に入れる緩衝材の量を誰がやっても一定になるように専用容器を作りました。また、できあがった袋を150個ずつ大袋に入れるため、10個の枠がついたマス目状のシートを作り、それぞれの枠に緩衝材が入った袋を並べ、これを15回繰り返すことで全員が150個を数えて大袋へ入れる作業が出来るようになりました。

専用容器“できる”に合わせた道具:緩衝材の完成品を数える作業
“できる”に合わせた道具:10ヶシート

社員の能力向上への取り組み

  • 「時間の差はあっても、全員がすべての仕事を担当できる」という方針の下、「どうすればできるようになるのか」を考え、すべての業務を一人ひとりができるようになるまで粘り強くサポートしています。すべての業務を担当することでマンネリ化を防ぎ、「いろんなことにチャレンジできて楽しい」、「みんなと同じ作業ができてうれしい」というやりがいや仕事への意欲向上にもつながっています。
  • 仕事以外にも、全員が交代で当番になり、朝礼の司会、昼食時の「いただきます」や「ごちそうさまでした」の掛け声、休憩時間の開始・終了合図など、責任を持って取り組んでいます。特に挨拶、ラジオ体操は仕事の基本として徹底的に練習しています。
指導上の工夫:昼食時の「いただきます」や「ごちそうさまでした」の掛け声指導上の工夫:朝礼の司会や挨拶

「大切なのは、サポートする側があきらめないことです。」

ページトップへ
(C) 2013 すみでんフレンド株式会社
サイトのご利用にあたって 個人情報保護方針