地域間の電力の安定供給に貢献
〜青函トンネルに世界最長、超高圧ケーブルを敷設〜

現在、電力の安定供給は大きな課題となっています。北海道と本州においては津軽海峡部に2極の海底ケーブル(合計送電容量60万kW)が敷設されていますが、北海道の電力供給をより確実にするため、北海道電力(株)が新たに30万kWの連系設備を計画したのが、北海道側の北斗変換所と本州側の今別変換所を結ぶ「北斗今別直流幹線」です。こう長122kmのうち、青函トンネル内の地中送電工事24kmを当社が受注しました。採用されたのは直流特性に優れた250kV XLPEケーブルで、海峡トンネル内の超高圧ケーブル敷設工事としては世界最長となります。

このプロジェクトは、長距離海底トンネル内の工事という点が大きな特徴です。新幹線が走行するトンネル本坑に併設された作業坑内での敷設工事となります。また、同坑内の他社工事との入念な調整により、作業の重複や災害、トラブルを発生させない意識を関係者全員が共有し、2019年3月の運転開始に向け、一丸となって進めています。

引入後、天井部へ設置した支持材上へのケーブル収納状況
引入後、天井部へ設置した支持材上へのケーブル収納状況
北斗今別直流幹線ルート断面図(北海道電力(株)ホームページより引用)
北斗今別直流幹線ルート断面図(北海道電力(株)ホームページより引用)