モルドバに新工場設立、本格稼働開始!
〜自動車用ワイヤーハーネス33か国目の進出国〜

開所式にご出席いただいたパヴエル・フィリプ首相(右)と Sumitomo Electric Bordnetze SE社長 三宅 智之

開所式にご出席いただいたパヴエル・フィリプ首相(右)と Sumitomo Electric Bordnetze SE社長 三宅 智之

S.R.L. SE Bordnetzeのあるモルドバの中心部オルヘイ

S.R.L. SE Bordnetzeのあるモルドバの中心部オルヘイ

海テープカット(左から)住友電装(株)社長 川井文義、住友電工 副社長 西田光男、住友電工 常務執行役員  漆畑 憲一

テープカット
(左から)住友電装(株)社長 川井文義、住友電工 副社長 西田光男、住友電工 常務執行役員 漆畑 憲一

左から(6 人目)パヴエル・フィリプ首相、(8人目)駐モルドバ日本国大使 好井正信氏、(9人目)、S.R.L. SE Bordnetze 関係のみなさん

左から(6 人目)パヴエル・フィリプ首相、(8人目)駐モルドバ日本国大使 好井正信氏、(9人目)、S.R.L. SE Bordnetze 関係のみなさん

**担当の井上**

開所式に参加したS.R.L. SE Bordnetzeの社員

**担当の井上**

S.R.L. SE Bordnetzeの外観

人口およそ350万人、欧州内陸部でウクライナとルーマニアの間に位置するモルドバ共和国。

住友電工のドイツ子会社で、自動車用ワイヤーハーネス事業を行うSumitomo Electric Bordnetze SEは、2017年10月、このモルドバの中心部オルヘイにS.R.L. SE Bordnetzeの本工場を新設し、開所式を執り行いました。

自動車産業は大きな変革期にあり、当社も安定した生産・納入体制を構築し、欧州地域における一層の競争力強化を目指します。

S.R.L. SE Bordnetzeは、現在約470人で操業していますが、2019年には約2500人まで拡大させる計画です。開所式にお越しいただいたモルドバのパヴエル・フィリプ首相から「2500人が母国モルドバで働くことができる。つまり、S.R.L. SE Bordnetzeの本稼働によって、モルドバの2500組の家族が幸せになるでしょう」とのお言葉をいただきました。開所式の様子は、地元のニュースでも紹介され、現地での期待の高さがうかがえました。

S.R.L. SE Bordnetzeが順調に拡大し、お客様の期待に応え、モルドバや欧州地域の雇用促進、産業発展に貢献できるよう努めます。