世界最小サイズのセンシング用レーザ光源
QCLモジュールを開発
〜「微量なガスをリアルタイムで測る」ことで、環境保全、産業・医療分野に貢献〜

QCL CAN モジュール(左: 無温調器型(Φ 5.6mm)、右: 温調器内蔵型(Φ 15.4mm)
QCL CAN モジュール(左: 無温調器型(Φ 5.6mm)、右: 温調器内蔵型(Φ 15.4mm)

環境保全や安心・安全を目的に、大気汚染ガスや温室効果ガスなどの高感度かつリアルタイムでの計測が求められています。そこで注目されているのが、レーザ光源で微量なガスを測定するレーザガスセンシング。

住友電工は、長年培ってきた半導体デバイス技術により、独自の発光層構造を採用したセンシング用レーザ光源QCL*モジュールを開発しました。

本製品は低消費電力で十分な光出力が得られるため、発熱が少なく、大型で高価な放熱パッケージが不要となりました。その結果、計測機器の小型化・低コスト化に貢献します。また、従来のレーザ光源より高温環境下での高感度検知も可能となっています。これらの特長により、高感度ガスセンシングの適用範囲が拡大しました。

今後、排ガス・温暖化ガス計測の産業分野をはじめ、呼気診断・血糖値計測の医療ヘルスケア分野など、さまざまなIoT センシング用途への応用が期待されています。

* QCL:Quantum Cascade Laser (量子カスケードレーザ)

従来品と新開発品の容積の比較
新開発品:QCL CAN モジュール