住友電気工業株式会社|プレスリリース 2014年 住友電工情報システムとアシスト、Webアプリケーション超高速開発ソリューション「楽々Framework3 + Corticonスタートパック」を共同推進

住友電工ホームへサイトマップお問い合わせ
製品情報会社案内プレスリリース株主・投資家情報研究開発CSR活動

プレスリリース 2014年

Home > プレスリリース > 2014年 > 9月16日

住友電工情報システムとアシスト、Webアプリケーション超高速開発ソリューション「楽々Framework3 + Corticonスタートパック」を共同推進

~部品組み立て型開発ツールとBRMSの組み合わせで、仕様追加・変更に強いWebアプリケーション超高速開発を実現~

2014年9月16日
住友電工情報システム株式会社
株式会社アシスト

住友電工情報システム株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:白井 清志、以下住友電工情報システム)と株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、以下アシスト)は、Webアプリケーション超高速開発分野で協業し、住友電工情報システムが開発・販売するWebアプリケーション構築/運用ツール「楽々Framework3」と、アシストが取り扱うBRMS*「Progress Corticon」(開発元:米国Progress Software Corporation)を組み合わせたWebアプリケーション超高速開発ソリューション「楽々Framework3 + Corticonスタートパック」を共同推進していくことを発表します。

ビジネスルールとプログラムを分けて管理するBRMSは、従来型の開発では困難だった、後工程での仕様変更、きめ細かい要件への柔軟な対応、迅速かつ容易なシステム改修を実現し、生産性向上や工数、コストの大幅な削減に寄与します。与信や保険加入審査が必要な金融業界、料金プラン変更が多い通信業界など、ビジネスルールが頻繁に追加、変更になる場合に大きな効果を発揮し、企業力を高める手段の1つとして注目されています。アシストが取り扱う「Progress Corticon」は、100%コーディングレスでビジネスルールの追加や変更を迅速にシステムに展開できるだけでなく、Progress Software Corporationが米国にて特許取得済みの独自アルゴリズムにより、ルール数やデータ処理の複雑さが増しても高パフォーマンスを実現します。

また、住友電工情報システムが提供する「楽々Framework3」は、12年以上の販売実績と1,000を超える業務アプリケーション・システムの構築・稼働実績を誇る高生産性のWebアプリケーション構築/運用ツールです。業務にそのまま使用することができる700もの部品を組み合わせて作るWebアプリケーションは、仕様の追加・変更時の再生成が不要なため通常のJava開発と比べて5倍以上の開発生産性を実現します。

今回、住友電工情報システムの「楽々Framework3」とアシストの扱う「Progress Corticon」を組み合わせ、共同推進を開始する「楽々Framework3 + Corticonスタートパック」により、高度な業務ロジック/ビジネスルールを含むWebアプリケーション開発において、従来の開発方法に比べ圧倒的な高速開発を可能にし、企業のスピード経営を実現するシステム開発を支援します。加えて「Progress Corticon」の優れたBRMSエンジンと「楽々Framework3」の部品組み立て型開発、両製品の大きな特長である仕様変更に柔軟に対応できる高い保守性により、システム保守フェーズにおいても大幅なコスト削減を実現します。住友電工情報システムとアシストは、今後「楽々Framework3 + Corticonスタートパック」を顧客企業へ積極的に展開するとともに、2014年10月17日に共同でセミナーを開催するなど、マーケティング活動でも協力していきます。

◎セミナー開催情報

「つくらないから実現できるスピード経営~変更に強いシステムは連携自在なBRMSから~」

開催日時:2014年10月17日(金) 13:30~17:00

会場:株式会社アシスト 西日本支社セミナールーム

詳細および申込URL:https://mp.ashisuto.jp/public/seminar/view/3037

問い合わせ先:株式会社アシスト 西日本支社 E-Mail:osaka_evt@ashisuto.co.jp

【補足資料】

■ 「楽々Framework3」について

楽々Framework3は、部品組み合わせ型のWebアプリケーション構築/運用ツールです。業務にそのまま使用することができる700もの部品を持ち、アプリケーションはこれらの部品を組み合わせることで完成させることができる高生産性の国産開発ツールです。

■ 「Progress Corticon」について

Progress Corticonは、世界各国500社以上で利用されているビジネスルール管理システム(BRMS)です。ビジネスルールの変更をコーディングレスでシステムに反映することができ、開発や変更に費やされる作業時間を90パーセントも短縮します。

■ 住友電工情報システム株式会社について

代表取締役社長 白井 清志
創立 1998年
本社 大阪市淀川区西宮原2-1-3 (SORA新大阪21ビル)
従業員 450名
事業内容 パッケージ・ソフトの開発・販売、情報処理システムの開発受託、コンピュータ運用業務の受託、情報機器の販売
Webサイト http://www.sei-info.co.jp/

住友電工情報システムは、住友電工グループの現場で蓄積されたシステム構築の経験と培ったノウハウを活かして、基幹業務システム構築技術を製品化してきました。徹底したユーザ視点から生まれた本当に役立つソリューションを提供します。

■ 株式会社アシストについて

代表取締役会長 ビル・トッテン
代表取締役社長 大塚 辰男
設立 1972年3月
本社 東京都千代田区九段北4-2-1
社員数 850名(2014年4月現在)
Webサイト http://www.ashisuto.co.jp/

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。今年も“「お客様の最高」のために”というスローガンのもと、この3分野にさらに注力し、顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。

▼本件に関するお問い合わせ

住友電工情報システム株式会社
ビジネスソリューション事業本部 マーケティング室
TEL :06-6394-6754 / FAX :06-6394-6762
Email :mkt@sei-info.co.jp

株式会社アシスト
広報部 担当:田口
TEL :03-5276-5850 / FAX :03-5276-5895
Email :press@ashisuto.co.jp

▼製品/サービスに関するお問い合わせ

住友電工情報システム株式会社
ビジネスソリューション事業本部 西日本システム営業部
TEL :06-6394-6731 / FAX :06-6394-6759
Email :rakrak@sei-info.co.jp
Webサイト :http://www.sei-info.co.jp/framework/index.html

株式会社アシスト
情報基盤事業部 担当:小林、赤塚
TEL :03-5276-3653 / FAX :03-5276-5869
Email :progress_sal@ashisuto.co.jp
Webサイト :http://www.ashisuto.co.jp/product/category/brms/progress_corticon/

* BRMS:ビジネスルール管理システム

  • 楽々Frameworkは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
  • Progress Corticonは、米国 Progress Software Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
ページトップへ
(C) 2014 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
サイトのご利用にあたって個人情報保護方針