測定結果と判定基準

Home > 測定結果と判定基準

OLCMでの各測定結果の取り扱いと判定基準について説明します。

測定結果の取り扱い

OLCMでは、据置自動型AOLCMでは中央監視装置パソコンで、携帯型APOLCMでは測定装置ノートパソコンで、それぞれ測定制御を 行い絶縁抵抗値を算出します。

得られた測定値は、パソコン内ハードディスクに記録されさまざまなデータ表示方法にて監視することができます。

図9~図14に、主なデータ表示画面とその印刷イメージの例を示します。
それぞれ図をクリックすると拡大図が表示されます。

図9
図10
図11
図12
図13
 
図14
 

判定基準

OLCMでは、測定結果があらかじめ決められた判定基準を満たした場合に警報を発することができます。 判定基準のしきい値はお客様のご要望で変更することも可能ですが、OLCMの数多くの実績により経験的に決めた基準を推奨しています。 この判定基準を図15に示します。

項目

測定結果

評価

措置

系統絶縁抵抗

不良の基準がないので、その都度状況により判断する

絶縁層絶縁抵抗
(6kV CVの場合)

3000MΩ以上

継続使用

3000MΩ未満
300MΩ以上

軽注意不良

監視下で継続使用

300MΩ未満
30MΩ以上

中注意不良

計画的取替

30MΩ未満

重注意不良

即刻取替(使用不可)

シース絶縁抵抗

1MΩ以上

継続使用

1MΩ未満

不良

不良箇所標定、修理

遮へい導通抵抗

100Ω未満

継続使用

100Ω以上

不良

不良箇所標定、修理又は取替

図15: 判定基準

ページの先頭へ