OLCMの特徴

Home > OLCMの特徴

効率的な絶縁監視が可能です

  • OLCMでは、ケーブルの絶縁劣化傾向を時系列的に容易に把握できるので、ケーブルの更新を的確に計画的に実施することが可能です。
  • OLCMの製品構成において、据置自動型AOLCMに携帯型APOLCMを組み合わせることによって、変電所からのフィーダケーブルだけでなく、変電所から離れている未端負荷ケーブルに対しても効率的に劣化診断することが可能です。
据置自動型AOLCMではさらに
  • AOLCMは、測定作業や測定データの記録,統計処理作業は自動的に行われるため、これらの作業に人手は不要です。また、任意な時に任意に選択した ケーブルに対しても測定できます。この任意選択測定では同一ケーブルの繰り返し指定も可能です。
  • AOLCMでは、自動測定として通常1日1回測定が行われるため、ケーブルの劣化状態を常に把握することができます。また、測定値が不良判定の場合警報を発信できるので、ケーブルに異常事態が生じても素早く対応できます。
  • 中央監視装置をネットワークに接続すれば遠方のパソコンからも絶縁監視ができます。

多様な測定項目による絶縁監視が可能です

  • OLCMでは、ケーブルの絶縁体(絶縁層)及びシース(防食層)の絶縁劣化診断だけでなく、系統絶縁抵抗測定により高圧系統に異常がないかどうかも診断することが可能です。
  • OLCMでは、絶縁層絶縁抵抗と、シース絶縁抵抗は同時に測定できます。
据置自動型AOLCMではさらに
  • 単心及びトリプレックス型ケーブルの場合、遮へい断線がケーブルの絶縁破壊に至る危険性が極めて高くなりますが、AOLCMではこのケーブル遮へいの断線を監視できます。

数多くの実績によるノウハウで安全に精度良く測定できます

  • OLCMでは、測定電圧は低い直流信号電圧を交流使用電圧に重畳して印加するため、劣化したケーブルに対しても何ら有害な作用を及ぼしません。
  • OLCMは、地電流打消機構を有しているので、大地迷走電流など外部ノイズの多い環境下でも精度よく測定できます。
ページの先頭へ