OLCM とは

Home > OLCM とは

工場内等で使用される高圧CVケーブルの絶縁性能の診断のために、従来では 直流高圧漏れ電流法などケーブル線路を停電して測定を行う必要がありました。

住友電工では、活線状態で絶縁測定を行い、工場・ビルの無停電連続運転のために予防保全を行う 装置として「ケーブル活線下絶縁自動監視装置」を製造販売しています。
ケーブル活線下絶縁自動監視装置は、On-Line Cable Monitor の頭文字を取って OLCM (オーエルシーエム)と総称しています。

OLCMには、製品として次の二種類があります。詳細は製品情報のページをご参照下さい。

・ 据置自動型 AOLCM

・ 携帯型 APOLCM

OLCMは、工場・ビルの無停電連続運転のニーズに応える、予防保全の最新ツールです。 是非、ご検討ください。

ページの先頭へ