製品情報

Home > 製品情報

OLCMには、据置自動型と携帯型の2種類があります。
据置自動型と携帯型の違いを簡単に表にまとめたものを図19に示します。

種  類

据置自動型(AOLCM)

携帯型(APOLCM)

測定項目

系統絶縁抵抗

○(メーター読取)

絶縁層絶縁抵抗

シース絶縁抵抗

遮へい導通抵抗

測定操作

全自動

自動(一部操作要)

測定頻度

毎日一回

半年一回推奨

測定所要時間/1回線

約10分

約7分

構成機器

GTR/EVT中性点接地箱

据置型自動測定装置

ケーブル回線切替装置

注1

注2

携帯型測定装置

可搬式信号電源装置

中央監視装置

遮へい層電流制限用抵抗箱

注3

注1: ケーブル回線切替機構が自動測定装置に内蔵されています。
注2: 必要ではありませんが、設置すれば測定作業効率化に有効です。
注3: ケーブルサイズが単心400sq、又はトリプレックス500sq以上の場合、ケーブル遠端側の遮へいボンド部に適用します。

図19: OLCMの種類

ページの先頭へ