2011年06月28日 09:05 株主総会


 第141期定時株主総会を6月24日(金)、大阪で開催、昨年を上回る600名超の株主の皆様にご出席頂きました。今年は照明の明るさを8割程度に抑え、空調温度も例年より高めに設定する等、節電に配慮した運営とさせて頂きました。


 最初に、2010年度の事業報告、監査報告などをスライドでご説明し、その後、私から対処すべき課題をご説明し、ご質問をお受けいたしました。
 昨年同様、初めは発言しにくそうな雰囲気でしたが、こちらから促しますと次々と質問を頂き、小一時間程でしたが、いいコミュニケーションができたように思います。いくつか主だったものをご紹介します。


 まず、ご心配をおかけしている独占禁止法関係では、住友事業精神に則り、二度と起こさない対策をとっていることをお話しました。


 震災復興需要に関するご質問には、政府の復興計画が遅れているが、いずれ需要が出てくる電力・通信関連需要は確実に捕捉していくこと、また、主力事業の自動車関連も、下期以降は回復が予想されるとご説明いたしました。
太陽電池など新エネルギーに関するご質問には、先日公表した大阪製作所内のマイクロスマートグリッド実証システム、自社開発の集光型太陽電池やレドックスフロー電池等をご紹介。当社グループ内にある様々なシーズを組み合わせ、今後もしっかりと世の中に提案していきたいとお答えしました。


 また、3.11以降、話題の「リスクの分散化」や「海外移転の動き」についての質問も頂きました。現在、グループ会社の6割、約300社からなるグローバルネットワークがあり、震災ではお客様にほとんどご迷惑をかけることなく済んだこと。また、今後もグローバリゼーションは進展し、一方で日本経済・社会問題への懸念もあり、組織における異文化、人種、民族等のダイバーシティも進めなくてはならない。これら「グローバリゼーション、ダイバーシティ、祖国日本」という3つのキーワーズを解決する一つの解は、ビジネスモデルを含めたイノベーションにある。景気が悪くなっても研究開発の手綱を緩めず、新しいものを開発し日本で作る、そういった事業展開を目指していきたいとお答えしました。


 その他、研究開発や人材開発、12VISIONでの事業ポートフォリオ、配当政策についてのご質問も頂きました。
 

 会社の置かれた状況、諸課題、中長期的な会社の方向性について、経営者としての考えをざっくばらんにお話するよう心がけましたが、如何でしたでしょうか。いぶし銀の会社ではありますが、これからも積極的に情報を発信し、意思疎通に努めていきたいと思いますので、皆様宜しくお願いいたします。

2011年06月23日 08:58 COPPER MAN OF THE YEAR 2011の栄に浴し 
~ANKH(アンク)賞を受賞(5)


 さて、何故、銅(COPPER)がANKHなのか?この質問が残っていました。答えは古代エジプトにまで遡ることになり、ややこしい話になりますが、(社)日本銅センター元専務理事の横井弘明さんが、日本銅センターのPR広報誌「銅」第158号で次のように解説されています。


背広の胸には、♀アンクマーク 『今は亡き大先輩、仲田進一さんが書かれた「銅のおはなし」の裏表紙には「古代エジプト人は、生命を象徴する象形文字としてTの上に○をのせた「ankh」を用いました。これをAnkh記号と呼びます。古代ローマ人は、占星術で銅を金星(ビーナス)になぞらえアンクマークを与えました。今日では、銅のシンボルマークとして+の上に○をのせた♀記号を用いています。」という解説がなされています。”(中略)“古代ローマの銅の主要産地キプロス(CYPRUS)島で、銅はCUPURUMと呼ばれていた。これがCOPPERの原語である。銅は別途、アンクとも呼ばれていた。それは、古代エジプトのアンク、つまり♀が永遠不滅の生命を表す印で、銅がリサイクルされ、何度も再生されるものであることから、そのイメージが重ねあわされたからだという。』


 今日、米国のCOPPER CLUBや日本銅センターでも「♀」の記号が使われており、今回受賞の「COPPER MAN OF THE YEAR」も、正式名称は「ANKH Award」アンク賞であります。
ちなみに、授賞式で私が胸につけているバッジが「♀」アンクマークです。


 古代から人類の歴史と深くかかわり、大切にされてきた銅について、色々と知れば知るほど、今回の受賞は本当に名誉なことと改めて感じさせられました。


(追伸)

頂いた帽子とバットCOPPER CLUB では、大学生への奨学金給付も 実施しており、2011年は地震で被害の大きかった東北大学の学生にも奨学金が給付されます。
その奨学金は、晩餐会参加費用の一部や各社寄付で賄われますが、当社は、今回、COPPER CLUBに対して些少の寄付を行うことと致しました。
尚、当社には150名を超える東北大学出身者が在籍し、また、住友電工グループ社会貢献基金から毎年寄付講座を行う等、東北大学と当社は深い繋がりがあります。

2011年06月20日 08:59 COPPER MAN OF THE YEAR 2011の栄に浴し 
~ANKH(アンク)賞を受賞(4)


記念品にロダンの「考える人」を頂いたところ ANKH賞として頂いたブロンズ像は、特別にアーティストに依頼し作り上げたロダンの「考える人」でした。Miele会長から手渡されましたが、とても重たくカメラマンがこっちあっちと指示して写真を何枚も撮っている間、手にずっしりと重みを感じる程。しっかりと銅そのもので作られた「考える人」は、大変暗示的でその企画には恐れ入った次第です。

 
 セレモニーが終わったと、ステージから下がろうとすると、Miele会長とKireta専務理事がまだステージにいるようにと。何だろうと不思議に思っていますと、なんとシカゴ・カブス(シカゴに本拠を置くメジャーリーグ)の帽子と私の名前が刻まれたバットを特別プレゼントとして頂いた次第。 


シカゴ・カブスの帽子を頂いて 1973年から1978年のシカゴ駐在時、カブスはお気に入りのチームでありましたが、何故こんなことを知っているのかびっくりしました。きっと事前に私の秘書にでも聞いていたのでしょう。感心すると同時に勉強になりました。アメリカ人のなかには、大雑把な様で細かいところまで用意周到に配慮する気持ちを持っている人達がいることの再確認を致しました。

 
I told Mr.Miele,“Today is one of the happiest days in my life.”
He made a happy and comfortable smile.

2011年06月17日 09:22 COPPER MAN OF THE YEAR 2011の栄に浴し 
~ANKH(アンク)賞を受賞(3)


 スピーチは、今の気分はメジャーリーグのオールスターゲームで先発投手に選ばれたルーキーのように高揚しているという枕に始まり、3つのセクションで構成しました。


 今回のANKH賞は自分だけでなく広く世界の加工業者の皆さんと分かち合うもの、持論の銅価格を如何に安定化させ銅業界を更なる繁栄に導くこと、東日本大震災に対する温かい支援への御礼、の三部仕立てです。


レセプション会場 内容は好評であったらしく、全員が(と思いますが)椅子から立ちあがり万雷の拍手喝采で、私のスピーチに応えて下さいました。今までの人生でこんなことは初めてでした。大変ありがたいことと思いました。
 

 そうそう、授賞式の前に米国の国歌、日本の君が代、チリの国歌が順番に流されました。外地で拝聴しますと改めて君が代は日本人の心を思い出させる何かを秘めているとしみじみ感じた次第です。

2011年06月15日 15:22 COPPER MAN OF THE YEAR 2011の栄に浴し 
~ANKH(アンク)賞を受賞(2)


プラザホテル 6月8日に授賞式と晩餐会がニューヨークのプラザホテルで開催されました。銅業界のトップの方々をはじめとして錚々たるメンバーが500名程参加されました。銅を少なくとも理解し、共通のベースを持った方々が大半を占めており、とても盛り上がりました。


 今年はEXCELLENCE IN LEADERSHIP AWARDが特別に設けられ、2010年チリで起った銅鉱山事故を無事収束させたチリの鉱業大臣のMr.L Golborneが受賞されました。若くて元気がよさそうな大臣でした。

 
Golborne大臣と 私の紹介が始まりました。いかに銅業界に会社を含め貢献したか、COPPER CLUB会長 Mr.Mieleの要領のよい説明の後に、私の生い立ちに始まり現在に至るまでの足跡を8分程度にまとめたビデオが会場に流れました。かつて、本ブログでも紹介したことのあるIWCC元専務理事のサイモン・ペイトン氏からもビデオを通じてお祝いの言葉を頂きました。お世辞を頂いたり学生時代のこともあり、私としては大変恥ずかしい思いを致しましたが、本当のことなのでスマイル(照れ笑い)で通しました。

 
さて、次は受賞スピーチです。


(ご参考)
2008年06月19日 IWCCサイモン・ペイトン氏の思い出(2)~機中にて~

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル