2016年11月01日 17:00 第6回 大阪マラソン

私は、第2回大会より大阪マラソン組織委員会会長を仰せつかっておりますが、先週10月30日(日)開催の第6回大阪マラソンに参加してきました。強風の前日から一転、当日は秋晴れの絶好のマラソン日和となり、大阪城公園前から8時55分に車いすマラソンが、9時にはマラソン・チャレンジランがスタート、浪速の街へ約3万2,000のランナーが駆け出していきました。

全員のスタートを見送った後、先回りしてランナーの皆さんをフィニッシュ地点で迎えます。まず、車いすマラソンの部の伊藤尚弘選手が1時間35分あまりでゴール。マラソン男子の部は、ガンドゥ・ベンジャミン選手(ケニア)が、マラソン女子の部は、坂本喜子選手がともに初優勝の栄冠を手に。マラソン女子は日本人選手による表彰台独占、男子も2位と3位を占めるなど、日本人選手の健闘が光った大会でもありました。

また、海外からは昨年を超える過去最高の約4,000名のランナーが参加された模様で、年々、国際色豊かな大会になっています。ちなみに当社の米国グループ会社からもフレッドさんが抽選を突破、見事完走を果たしました。

大阪マラソンは、ランナー、約1万名のボランティアやスタッフの皆さん、そして130万人を超える沿道で応援して下さる皆さんに支えられ、すっかり大阪を代表する秋の風物詩として定着したように思います。また、大きな特徴である「チャリティ プログラム」では、大会前の時点で、1億3,000万円余りの寄付を頂きました。こちらもチャリティの芽が毎年育ってきており、社会貢献のトップランナーでありたいと思います。

そんなこんなを諸々合わせて、この場を借りて、皆様に厚く御礼申し上げます。

ゴール直後、完走を祝し、がっちり握手
ゴール直後、完走を祝し、がっちり握手
完走した当社の社員・ご家族と
完走した当社の社員・ご家族と

コメントを投稿

ご意見ご感想お待ちしております。

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル