2016年12月28日 16:00 仕事納めにあたり

激動の1年が終わろうとしています。

今年は、干支でいうと丙申(ひのえ・さる)の年でした。
一説によると、いずれの漢字にも「盛ん、伸びる」という意味があり、「成長発展する年」とのこと。確かに、連日のメダル獲得に沸いたリオ五輪、イチロー選手の日米通算最多安打、北海道新幹線の開業など、「盛ん、伸びる」話題がありました。

一方で、熊本地震、台風10号、さらには先日の糸魚川の大火など、大きな災害が発生した年でもありました。この場をお借りして、あらためて被災された皆様にお見舞い申し上げます。

海外に目を転じますと、今後の動向が注視されるBrexitや米国大統領選挙が行われました。また、本年も痛ましいテロ事件や内戦は止まず、世界の安寧が「盛ん」になってくれると良いのですが。

さて、来年はどのような年になるのでしょうか。あらゆる局面でグローバリゼーションが進展し、一方でそれに反する動きが顕在化した本年、本当に不透明で、不確実な時代に入ったものだと実感します。
来年も引き続きSEQCDD*を鍛えて、少々のことではビクともしない企業体質を作り上げ、この不透明、不確実な時代を乗り切っていきたいと思います。

ともあれ、皆様には本年もご指導ご鞭撻を賜り有り難うございました。
風邪なども流行しているようですので、くれぐれも健康には留意され、素晴らしい新年を迎えられることをお祈りしております。

* S (安全)、E (環境)、Q (品質)、C (コスト)、D (物流・納期)、D (研究開発)

2016年12月02日 16:00 中国主管者会議

先月は、米州主管者会議をシリコンバレー(カリフォルニア)で開催し、グローバル化の着実な歩みを確信いたしました。今回は、昨年に引き続き、中国主管者会議を広東省恵州市にて開催しましたので出席してきました。

主管者会議の出席者とともに
主管者会議の出席者とともに

台湾、香港からも参加者を得て、52社の主管者が一堂に会し、中国市場で抱える共通の問題点とその解決策について、アクションラーニング最終報告のプレゼンテーションがありました。質疑応答もあり、大変熱のこもった発表となりました。内容は詳細にわたり、会議時間も延長となるほどでした。

人事シナジー、継続的発展のベースとなる付加価値、市場開拓ブランド力の向上など、各社の共通点、問題点が明らかとなり、本社と密なる連携をとりながら、具体的な対応策をとることにしました。

地理的、文化的に異なるアメリカとの共通点も多く感ぜられ、確かにグローバル化は進展していることを参加者全員が確認した次第です。

主管者会議のあとに訪問した住友電工電子製品(深玔)有限公司のみなさんと
主管者会議のあとに訪問した住友電工電子製品(深玔)有限公司のみなさんと

住友電気工業(株)社長 松本正義

1944年生まれ、兵庫県出身。
1967年住友電工入社。中部支社長、常務取締役、専務取締役を経て2004年6月社長就任。
趣味はジョギング、読書、絵画鑑賞など。中学時代は野球、高校では柔道、大学では陸上競技のやり投げ選手としてインターカレッジ出場経験もある。

最近のエントリー

最近のコメント

本ブログについて

RSSを登録する

本ブログでは更新情報をXMLを利用したコンテンツ配信フォーマット (RSS) でご提供しています。
RSSリーダーやRSS対応のブラウザにご登録ください。

会社案内動画版
住友電工チャンネル