7th INT'L SMART GRID SYSTEM 住友電工は、国際スマートグリッドEXPOに出展します。 7th INT'L SMART GRID SYSTEM 住友電工は、国際スマートグリッドEXPOに出展します。

次世代に向けた新しい電力・エネルギー社会の実現に向けて、最新製品・技術を紹介、展示致します。 次世代に向けた新しい電力・エネルギー社会の実現に向けて、最新製品・技術を紹介、展示致します。

7th INT'L SMART GRID EXPO 招待券のお申込みはコチラ 7th INT'L SMART GRID EXPO 招待券のお申込みはコチラ
7th INT'L SMART GRID EXPO 展示会場マップはコチラ 7th INT'L SMART GRID EXPO 展示会場マップはコチラ

住友電工グループの考えるスマートエネルギーシステム 住友電工グループの考えるスマートエネルギーシステム

A

つくる。

再生可能エネルギー発電事業者

エネルギー事業の効率化と
収益性のアップを図ります。

B

つくる。

工業団地・商業集積設備

エネルギーの効率化など
幅広くお任せ下さい。

C

つなぐ。

電力事業所

効果率の高い設備やシステムを
考え形にしていきます。

D

つなぐ。

データセンター・半導体・病院施設

安定的で高品質な
電力をお届けします。

E

いかす。

住宅小規模事業者

効率的な電力の
使い方を広めます。

F

いかす。

離島・無電化地域

発電や活用を支え、安定的な
電力供給を叶えます。

エネルギーを無駄なくつくる

閉じる
A
B

エネルギーを安定してつなぐ。

閉じる
C
D

エネルギーを最適にいかす。

閉じる
E
F

住友電工の取り組み

新しい電力・エネルギーの製品、技術

国内事業例 | 北海道 国内事業例 | 北海道

北海道南早来変電所大型蓄電システムの実証試験

再生可能エネルギーに代表される風力発電や太陽光発電などは気候状況に左右されることが多く、必要電力に対して多すぎたり、少なかったりすることがあります。
そこで、安定的な電力供給を実現するために畜電池を設置し、電気が多く取れた時は充電し、少ない時は放電する仕組み作りを北海道電力株式会社と共同で進めています。

当社が開発したレドックスフロー電池

この蓄電池は世界最大級の規模で定格出力15,000kW(容量 60,000kWh)
もあり、5,000 世帯の電力を賄え、液晶テレビ 75,000台分の消費電力になります。

レドックスフロー電池
1 度にテレビ 75,000 台分の電力を出力。
※TV1台当たり 200W の出力計算
海外事業例 | モロッコ 海外事業例 | モロッコ

モロッコ王国での集光型太陽光発電(CPV)
プラント運用実証

住友電工は、2016年5月にモロッコ王国持続可能エネルギー庁(MASEN)と集光型太陽光発電(CPV)プラント運用実証契約を締結し、2016年11月に1MWのCPVプラントが完成し、運用実証を開始しました。
今回のメガワット級発電プラント運用実証開始を弾みとし、モロッコだけでなく中東諸国をはじめ世界各地の高日射地域でCPV事業の展開を進めていきます。

国際スマートグリッドEXPOに出展 国際スマートグリッドEXPOに出展

世界中の人々に安心の未来をお届けするため、住友電工は国際スマートグリッドEXPOにて、
多様なエネルギーソリューションの最新技術と製品を展示しています。
当社ブースへのご来場を心よりお待ちしております。

イメージ:国際スマートグリッドEXPO イメージ:国際スマートグリッドEXPO
開催期間
2017年3月1日(水)~3月3日(金)
出展内容
レドックスフロー電池、集光型太陽光発電、sEMSA、POWER DEPO、ストリング監視システム、EMSなど、
ブース番号
W6-72
グループ会社の日新電機も国際スマートグリッドEXPOに出展しています。 ブース番号:西ホール W10-37 NISSIN ELECTRIC グループ会社の日新電機も国際スマートグリッドEXPOに出展しています。 ブース番号:西ホール W10-37 NISSIN ELECTRIC
ページ先頭へ戻る