2011年7月 8日 13:09

住友電工ファインポリマー(株)震災復興支援青空市

 関西国際空港の近く、大阪府泉南郡熊取町にある住友電工ファインポリマー(株)業務部の齊木です。
 3月11日に発生した東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

青空市の様子1

 住友電工ファインポリマーでは、売店に募金箱を設置して3月21日から25日までの間に義援金の呼びかけを行ったところ、総額175,499円の協力をいただき、住友電工グループを通じて被災地にお送りしています。
 一方、会社では義援金以外の支援方法も検討してきましたが、被災地の経済がごくごく普通にまわっていくことが重要であると考え、敷地の隣接する原子燃料工業(株)と協同で、福島県産のお米・野菜・果物・飲料・加工品等を社員向けに展示即売することにしました。
 福島県から熊取まで物品を運んでもらう輸送費や仲介手数料を会社で負担し、今後3年間にわたり年に3~4回程度、こうした「青空市」を続けていこうと考えています。
 多くの人に、福島県産品の「食」で笑顔になってもらえたら、こんなにうれしいことはありません。
 写真は、6月10日に行った「第一回青空市」の様子です。

青空市の様子2

 あいにく小雨交じりの天気でしたが、なんとか保ってくれて、盛況のうちに終了しました。
 福島県からは、福島県大阪事務所の吉川副主査にお越しいただき、さらに今回のイベントを仲介いただいた(株)和郷の毛利部長も遠路はるばる東京から駆けつけてくださいました。
 そうそう、オレンジ色のエプロンとかわいらしい幟(のぼり)は、福島県がご厚意でお預けくださったものです。展示即売は当日の昼と定時後を予定していましたが、昼に完売となりました。約30万円の売り上げです。

 「次はもっと酒を買う」とか「果物がないねえ」との声もありましたので、次回は収穫の秋に開催するつもりです。

SFP

住友電工ファインポリマー株式会社
当社(大阪府泉南郡熊取町)は、「スミチューブ®」「イラックス®チューブ」を代表とする照射製品と「スミフロン®」「ポアフロン®」などの機能製品の2つの事業を柱に1999年7月に住友電工より分社し、発足しました。当社独自の技術を応用して、自動車・家電・インフラ・情報通信などの幅広い分野で社会に貢献しています。

住友電工ファインポリマー(株)Webサイト  http://www.sei-sfp.co.jp/

コメントを投稿

ご意見ご感想お待ちしております。


画像の中に見える文字を入力してください。

画像の文字が読みづらい場合には、ブラウザの「更新」ボタンを押して、画面の再読み込みを行ってください。