2011年7月13日 09:15

淡海エコフォスターに参加しました。

 皆さん、はじめまして!住友電工ウインテック(株) 業務部経理課の岸本@信楽です。

ちなみにこの写真は当社正門前、実は信楽焼の狸を最初に作った窯元が目の前にあるのです!

▲ ちなみにこの写真は当社正門前、実は信楽焼の狸を最初に作った窯元が目の前にあるのです!

 信楽焼で有名な信楽町は滋賀県の最南端に位置し、緑豊かな山林地帯が広がっている非常に美しい町です。ただ実はとても寒暖差が激しいところで、冬は連日摂氏マイナスを記録し、四月初旬でも粉雪が舞っていたと思ったら、最近は連日30℃を超える真夏日だったりします...(^^;)

 当社は、「持続可能で環境負荷の少ない社会を構築していくことが重要である」との基本理念の下、地球的視野にたった環境保全活動を継続的かつ着実に推進しながら、マグネットワイヤー関連製品の提供を通じて、社会に貢献することを目指しています。

 その一環として、滋賀県が2000年に創設した「淡海(おうみ)エコフォスター」活動に参加しております。ちなみにエコフォスターとは、エコ(環境)とフォスター(育成する)を結びつけ、滋賀を表す「淡海」を冠した造語です。公共的場所の美化および保全のため、県民、事業者等が当該場所を愛情と責任を持ってボランティアで美化清掃する制度で、環境美化に対する県民等の意識の高揚を図るとともに、ごみの散乱を防止し、県民等と県が一体となった地域活動を推進することを目的としています。

 活動は2003年8月から毎月1回、降雨・降雪で出来なかった日を除いて社員が10数名交替で活動していますが、今回2011年7月で何と90回目になりました!

会社前から二手に分かれて国道沿いに1km弱を歩きます。

▲ 会社前から二手に分かれて国道沿いに1km弱を歩きます。

一見、自然が豊かで美しく見えますが、良く見ると色々とゴミが。。。

▲ 一見、自然が豊かで美しく見えますが、良く見ると色々とゴミが。。。

皆でゴミばさみと回収袋を持って一所懸命拾います。やはり吸い殻多し!

▲ 皆でゴミばさみと回収袋を持って一所懸命拾います。やはり吸い殻多し!

パチンコ屋さんで折り返し、往路で気づかなかったゴミも回収するべく復路も注意深く沿道を確認します。

▲ パチンコ屋さんで折り返し、往路で気づかなかったゴミも回収するべく復路も注意深く沿道を確認します。

 活動は会社近くの駐車場から国道422号沿いに東へ数百メートルのパチンコ店まで道路の両側の歩道を清掃して歩きます。猛暑の夏や積雪の冬、当番にあたる人には、ちょっと辛い作業です。

 30分ほどの活動でこんなにゴミが!皆さ~ん、ゴミのポイ捨てはやめましょう!

▲ 30分ほどの活動でこんなにゴミが!皆さ~ん、ゴミのポイ捨てはやめましょう!

 私は信楽に単身赴任で来て5回目の夏になるのですが、初めて参加した頃に比べると、散乱しているゴミが減ったように感じます。とはいえ未だタバコの吸い殻が多いのは否めません...(>_<) 空き缶やペットボトルなどを分別、最後に記念撮影して終了です。

 住友電工ウインテックが発足して来年で早10年。これからも地域の一員として、地域のみなさまと共に、環境美化活動に積極的に取り組んでいきたいと思います。


 ♪ 関連リンク: 淡海エコフォスター制度(滋賀県) http://www.pref.shiga.jp/d/haikibutsu/ecofoster/

住友電工ウインテック株式会社

住友電工ウインテック株式会社
2002年10月、住友電工の巻線事業部門と第一電工株式会社並びに、両社の共同事業会社であるウインテックワイヤー株式会社が全面的統合を行い「住友電工ウインテック株式会社」として発足以来、海外事業も含めた巻線事業を全面的に展開し、名実ともに、世界を代表する巻線の一貫統合メーカーとして発展を続けております。
巻線(マグネットワイヤー)は、情報通信機器、自動車用電装品、産業用モーター、家庭用電化製品等の基幹部材として、私たちの生活を取り巻く広範な分野で重要な役割を果たしています。

住友電工ウインテック(株)Webサイト  http://www.sei-wintec.com/

コメントを投稿

ご意見ご感想お待ちしております。


画像の中に見える文字を入力してください。

画像の文字が読みづらい場合には、ブラウザの「更新」ボタンを押して、画面の再読み込みを行ってください。