2011年8月26日 15:25

中学生向けモノづくり体験型授業を開講

ベイゴマ

▲ ベイゴマ

 伊丹製作所 人事総務グループの高石です。こんにちは。

 伊丹製作所では、将来を担う子ども達にモノづくりへの関心を高めてもらう目的で、毎年夏休みに中学生向けモノづくり体験型授業「ベイ独楽(ゴマ)チャンピオンシップ」を実施しています。第3回目となる今年は、伊丹市立北中学校の生徒20人に参加頂きました。

 「ベイゴマチャンピオンシップ」は、大中小の紙とマッチ棒、爪楊枝を材料に、チームごとにベイゴマをつくり、コマの回転時間の長さを競う企画です。ベイゴマという中学生にとっても馴染みやすい題材を提供し、「どうしたら回転時間を長くすることができるか?」について、各々に試行錯誤しながら考察してもらうというのが当授業の最大の目的です。従って、結果はそれほど重要ではありません(^^;)

 4チームでの競争形式とし、制限時間1時間の中で、各チームには一致協力してベストと思えるベイゴマを製作してもらいましたが、その過程で、「工夫の楽しさ」、「改善の大切さ」、「結果の分析と対策の意義」、「チーム単位の競争心」「協力し合うコツ」などを少しでも体得頂けたなら、当授業の主催者としてこれほど嬉しいことはありません。

 このモノづくり体験型授業については、更に工夫を加えながら来年以降も継続していく予定です。

モノづくり体験型授業1
モノづくり体験型授業2

コメントを投稿

ご意見ご感想お待ちしております。


画像の中に見える文字を入力してください。

画像の文字が読みづらい場合には、ブラウザの「更新」ボタンを押して、画面の再読み込みを行ってください。