2012年5月 7日 09:40

マングローブ林を守る植林活動に参加しました

マングローブ林の植林活動

▲マングローブ林の植林活動

 みなさんこんにちは。

 Sumitomo Electric Wintec (Thailand) の田口です。
 今回は、当社が2012年4月6日に参加した、マングローブ林の植林活動についてご紹介します。

 当社は、バンコクの南東約30km、チャオプラヤー川の河口からタイランド湾につながる海岸の近くに位置しています。この海岸には、きれいなマングローブ林が広がっています。

汗だく、泥だらけの社員たち

▲汗だく、泥だらけの社員たち

 マングローブ林は、みなさんご存知のように海岸への波の影響を食い止める役割を持つほかに、海岸線に生息する生物を養い、また二酸化炭素を吸収することにより地球温暖化防止にも役立つ、地球にとってとても大切な群生林です。
 ところが近年では、伐採や開発によるマングローブ林の破壊が世界的な問題となっています。
 そこで、この大切なマングローブ林を守るため、みんなで小さな苗木を植林して育てていこうというのがこの活動の趣旨で、毎年3月から5月の間に、近隣の100社以上の会社が植林活動に参加しています。

 当日は、社長をはじめとした当社の従業員とその家族、合計70名以上が現地を訪れ、植林活動を行いました。
 タイで最も暑い季節であるこの時季、太陽の光が真上から降り注ぐ中、みんなで干潟の中に入り、1,500本のアビシニアという低木の苗を1本1本丁寧に植えました。全て植え終わるのに2時間ほどかかったでしょうか。みんな汗だくでへとへとになっていましたが、それでも、「楽しかった!」、「気分は爽快!」との声を多く聞くことができました。

 当社がこの植林活動に参加するのは今回が初めてでしたが、地球にとって大切なマングローブ林の保護に貢献していくために、来年以降も参加していこうと考えています。

みんなで記念撮影

▲ みんなで記念撮影

Sumitomo Electric Wintec (Thailand) Co., Ltd.

Sumitomo Electric Wintec (Thailand) Co., Ltd.

住友電工初の海外製造拠点として1969年に設立。
以後、タイ国内、アメリカ・中国といった第3国向けに、自動車やエアコンのモータなどに使用される巻線等の製造・販売を行っています。

コメント一覧 (1)

こんにちは。

すごいです!あたしもやりたいなぁ。

コメントを投稿

ご意見ご感想お待ちしております。


画像の中に見える文字を入力してください。

画像の文字が読みづらい場合には、ブラウザの「更新」ボタンを押して、画面の再読み込みを行ってください。