2012年11月30日 16:04

世界へ届け、住友電工バレーボール

 皆さんこんにちは!住友電工バレーボール部レポーターの横田です。

 この度住友電工バレーボール部より、72個のバレーボールを「公益財団法人 日本バレーボール協会・バレーボールバンク」様へ寄付させていただきました。

寄付したバレーボール

▲寄付したバレーボール

 「バレーボールバンク」とは、古くなったバレーボールや用具を回収し、それらを必要とする海外の団体への寄付活動を行っている団体です。傷んだボールをなるべく廃棄せず、リサイクルし、環境保全問題と子ども達の「もったいない精神」の育成に貢献されています。

 住友電工バレーボール部は伝統的にボールを大切に使用しています。しかし公式球が毎年変更する都合上、旧型ボールは練習用に使用しておりました。今回、バレーボールバンク様の趣旨に賛同し、練習に使用していたボールの中で比較的程度の良いものを寄付することと致しました。

 長年、住友電工バレーボール部を支えてくれたボール達に感謝しつつ、選手皆でボールを袋に詰めました。寄付したボールが世界のどこかで使用され、バレーボールの和が繋がることを心から嬉しく思います。これからもバレーボールを通して社会に貢献できるよう、部員一丸となって努めてまいります。

コメントを投稿

ご意見ご感想お待ちしております。


画像の中に見える文字を入力してください。

画像の文字が読みづらい場合には、ブラウザの「更新」ボタンを押して、画面の再読み込みを行ってください。