2014年9月 4日 15:25

広島県県立高校の生徒さんが企業訪問されました!

こんにちは。人事総務部 人事部 東京人事グループの井口です。

8月1日、広島県の県立高校生42名の皆さんが、弊社東京本社を訪ねて下さいました。広島県教育委員会では、トップリーダーハイスクール*等に指定された県立高校の学生に対し、主体的な学習習慣の確立や高い進路目標の実現への挑戦意欲を高めることを目的に、「トップリーダーハイスクール支援事業」に取り組まれています。その事業のプログラムの一つとして「県外大学・企業訪問」があり、3年前から当社を訪問していただいています。

当日は、まず当社の事業内容とモノづくりについて説明させていただきました。電気抵抗がゼロで究極の電線・ケーブル材料として注目されている超電導ケーブルや、ブロードバンドネットワークを支える光ファイバケーブルなども実物をご覧いただきました。日頃の生活や社会に深く関わる当社の技術に生徒の皆さんは興味津々でした。

今回の企業訪問のテーマは「将来の夢」。例えば、仕事であれば将来どのような職業につきたいか聞いてみました。「医師」、「航空会社」、「エンジニア(嬉しいです!)」などたくさんの皆さんの夢を教えていただきました。その後、「メーカーの仕事を体験するビジネスゲーム」に取り組んでいただきました。5~6名ずつのチームに分かれ、指定した製品を紙で作成・販売し、売上を競ってもらうという内容です。原料の調達や量産化の仕組みをチーム内で考えながら進めていくのですが、皆さん果敢にチャレンジしていただき、大変盛り上がりました。

最後に、当社社員で陸上競技部の竹澤健介選手から高校時代を振り返り、「大学に入り箱根駅伝を走る」という夢の実現に向けて努力したことをお話しさせていただき、生徒の皆さんも自分の夢に向かって、「計画性」と「継続すること」を大事にしながら頑張ってほしいとエールをおくらせていただきました。

生徒の皆さんにとって、今回の企業訪問で感じていただいたことが、自らの将来や職業を考える良いきっかけになっていただけたらうれしいです。そして、これからの皆さんの輝かしい未来を応援しています!

*広島県教育委員会が、高い志を持った次代のトップリーダーを育成・輩出する学校として指定した高等学校のこと。

コメントを投稿

ご意見ご感想お待ちしております。


画像の中に見える文字を入力してください。

画像の文字が読みづらい場合には、ブラウザの「更新」ボタンを押して、画面の再読み込みを行ってください。