2015年2月 6日 13:10

「Sumitomo We Care...愛は前進への力」

こんにちは!SEPM(マレーシア)のナズリとリオーンです。

SEPMでは地域コミュニティーと連携し、"SUMITOMO WE CARE..."というスローガンを掲げたボランティア活動を行うことにしました。SUMITOMO WE CARE...は、社会、コミュニティー、そして若い世代が、障がい者の方に対するボランティア活動の啓発や慈善プログラムに触れる機会を作るというものです。本活動は、2014年11月13日から12月12日までの1か月間行われました。

活動期間中の11月13日に、SEPMの社員13人で、ジョホール州にあるダウン症協会SYNDROME DOWN SOCIETY OF JOHOR(PSDNJ)のトレーニングセンターを訪問しました。そこでは、ダウン症の子どもたちに対し、「Gotong-royong」(一緒に働こう)という活動を行い、トレーニングセンターの庭やトイレの清掃、子どもたちの衣服のアイロンがけ、料理やその他日常的な仕事をお手伝いしました。

さらに、子どもたちとコミュニケーションをとり、彼らの気持ちを理解しようと努めました。これは、ダウン症の子どもたちが自分のことは自分でやるという自覚を持ち、その技能を伸ばしていく機会になります。このことで、自分は仕事をしていると実感し、また社会の一員という自尊心を強く持てるようになるのです。

また私たちは、子どもたちが元気になり、コミュニケーションがさらに活発になるようにと、子どもたちと一緒に「Bara-Bara dance」を踊りました。その後、お菓子、飲み物などを配りました。子どもたちには喜んでもらうことができ、頑張ろうと思ってもらえたようです。

最後に、私たちは、すべてのダウン症の子どもたちに向けた特製のビデオクリップを制作しました。「何か言ってみようよ」と名付けたこのビデオを制作することで、本当の気持ちを共有し合い、子どもたちが「無条件に人を愛している」ということに気づきました。

PSDNJトレーニングセンター訪問後の11月14日から12月12日の期間、SUMITOMO WE CARE...の活動の一環として、特製の募金箱を用意し、SEPMでの慈善基金の立ち上げキャンペーンを推進しました。全従業員がわずかな金額でも寄付することでSUMITOMO WE CARE...への理解を深められるようにと考えたためです。

集まった寄付金は、SEPM作田社長からPSDNJの理事長に贈呈いたしました。
SUMITOMO WE CARE...の活動 を通してSEPMの従業員は社会発展への理解を深め経験を積むことができています。

SEPM

Sumitomo Electric Interconnect Products (Malaysia) Sdn. Bhd.(SEPM)
SEPMは、1988年にマレーシア ジョホールバルに設立されました。現在は、約600名の社員が働き、家電製品や自動車製品に使用するワイヤーやフラットケーブルを製造し、グローバルな市場へと製品を提供しています。
SEPMは、お客様満足の向上や継続的な改善、そしてコンプライアンスの遵守に対する取組が評価され、外部組織から多くの認定を受けており、創業以来、驚異的な成長を続けています。

コメントを投稿

ご意見ご感想お待ちしております。


画像の中に見える文字を入力してください。

画像の文字が読みづらい場合には、ブラウザの「更新」ボタンを押して、画面の再読み込みを行ってください。