2016年3月16日 09:00

東日本大震災復旧復興ボランティアに参加しました Part2

こんにちは。(株)ジェイ・パワーシステムズ(略称:JPS)日立人事総務グループの岡崎です。
前回に引き続きボランティアへの参加について報告します。

福島県南相馬市災害復旧復興ボランティアセンターでの2日目。この日も私たちを含め約30名がボランティアに参加しました。
2件の依頼があり、私たちは前日と同様に庭木の伐採・片づけ作業を担当しました。直径30cm~100cmの木を数本伐採する作業ですが、私たちはチェーンソーを取り扱う技能講習を受けていないため、倒木後の枝切りと処理場所への運搬をおこないました。高さ10mを超える木もあり、周りの方とコミュニケーションを取りながら安全な作業を心掛けました。

今回参加した地域では除染作業がおこなわれていましたが、復興にはまだまだ時間がかかることを改めて認識しました。私たちが住む茨城県日立市も地震・津波の被害を受け、たくさんの方々に心温かいご支援をいただきました。そのご支援に少しでも恩返しする意味でも、今後もボランティア活動に参加していきたいと思っています。

南相馬市災害復旧復興ボランティアセンター前での集合写真

南相馬市災害復旧復興ボランティアセンター前での集合写真

株式会社ジェイ・パワーシステムズ

株式会社ジェイ・パワーシステムズ
2001年7月設立(本社・東京都港区)。2014年4月に住友電工の100%子会社化。配電用電力ケーブル、架空送電線及びそれらの付属品など、関連システムの研究、開発、設計、製造、販売から工事施工にいたるまで、一貫したサービスの提供を通じ、これからの高度エネルギー社会にふさわしい環境と調和した、安全で高い品質の電力供給を支えます。美しい地球環境、豊かな社会基盤づくりに貢献する世界トップのケーブルメーカーをめざします。

コメントを投稿

ご意見ご感想お待ちしております。


画像の中に見える文字を入力してください。

画像の文字が読みづらい場合には、ブラウザの「更新」ボタンを押して、画面の再読み込みを行ってください。