2016年7月 6日 16:00

筑波大学と共同で若手博士人材のキャリア支援活動を行いました Part1

こんにちは!農業技術研究室の馬場です。

今回は、住友電工が筑波大学と共同で取り組んだ若手博士人材のキャリア支援活動をご紹介します。

2015年10月から2016年2月までの間、当社は、筑波大学グローバルリーダーキャリア開発ネットワーク*と連携して、若手博士人材とともに農業関連ビジネスのマーケティング・ブランディングに取り組む共同プロジェクトを実施しました。取り組みの主な目的は、企業でのインターンシップによる若手博士人材のキャリア支援ですが、私たちにとっても、現在取り組んでいる新たな事業を多様な視点から検討する良い機会になりました。今回のプロジェクトでは、指導者として産業能率大学の小々馬敦教授にもご参加頂きました。

筑波大学と共同で若手博士人材のキャリア支援活動を行いました
筑波大学と共同で若手博士人材のキャリア支援活動を行いました

2月18日の報告会では、当社社員30名に検討内容を発表し、質疑応答は大いに盛り上がりました。言語学・物理学・化学・生物学・芸術を修めた皆さんの視点は独特で、これまでにない発見がたくさんありました。発表後には、プロジェクト参加者にプロジェクト修了証をお渡ししました。

本プロジェクトに参加した若手博士人材の声は、次の記事でご紹介します。今回参加した方々が、当社との協働体験を生かして、今後大いに活躍されることを心から願っています。

*筑波大学グローバルリーダーキャリア開発ネットワーク
筑波大学の若手博士人材のキャリア支援を目的に開設されました。大学院生やポストドクターを主な対象とし、グローバルリーダーキャリア開発講座(教育/研修プログラム)や長期インターンシップの機会を提供しています。


コメントを投稿

ご意見ご感想お待ちしております。


画像の中に見える文字を入力してください。

画像の文字が読みづらい場合には、ブラウザの「更新」ボタンを押して、画面の再読み込みを行ってください。