中国

2012年1月10日 13:01

中国・蘇州大学で2011年度奨学金授与式を開催

 明けましておめでとうございます。
 住友電工管理(上海)有限公司(SMS)の厳です。2012年1回目のスマイルリレーブログは、中国よりお届けします。

 住友電工グループ社会貢献基金(※)の活動の一環として行っている、中国・蘇州大学への奨学金支給が今年で4年目を迎え、昨年12月16日に、蘇州大学で2011年度の奨学金授与式を開催しました。

 本奨学金は、住友電工グループ社会貢献基本理念に則り、国内外における人材育成を目的とする奨学金の内の一つです。大学・大学院において科学技術分野を専攻する学生に対し、奨学金を支給しています。蘇州市近隣には、エレクトロニクス事業、情報通信・システム事業、自動車事業など、当社のグループ会社8社が事業展開しています。地域貢献、人材育成のために、2008年から奨学金支給を始めました。

 当日は、住友電工(蘇州)光電子器件有限公司の唐内総経理から、蘇州大学2・3年生計19名の受賞者に、お祝いと激励の言葉を伝え、受賞者代表の方からは、感謝の言葉と今後の取り組みに関する報告を頂きました。また、住友電工グループの概要紹介、質疑応答の機会を設け、学生の皆さんに、住友電工グループの事業精神、グローバルHRM(Human Resource Management)ポリシー、企業文化に対する理解を深めて頂きました。

 私は、授与式への参加は今年で2回目となります。昨年と同様に、奨学金を受けた優秀な学生の姿に感心したと同時に、今年も無事式典を執り行うことができ嬉しく思いました。今年は学生に自分の業務内容を紹介する機会があり、発言内容について凄く悩みました。しかし、住友電工グループの一員として会社をPRできる機会だと思うとワクワクし、日常の仕事紹介を通して住友電工を身近に感じて頂けるように工夫しました。授与式の後には、「親しみやすい内容で、住友電工グループと学生との距離が近くなった」と大学の先生、学生の皆さんに評価頂き、とても嬉しかったです。

 来年も高い志を持った素敵な学生に出会えることを楽しみにしています。

受賞者のみなさん

▲ 受賞者のみなさん

(※) 公益財団法人 住友電工グループ社会貢献基金:
  国内外の様々な分野における人材育成と学術振興を行うことを目的に、2009年4月に設立し、
  2010年2月に公益財団法人として認定を受けました。
  ♪ 関連リンク:公益財団法人 住友電工グループ社会貢献基金Webサイト

住友電工管理(上海)有限公司

住友電工管理(上海)有限公司(SMS)

当社は、中国におけるグループ会社向け法務、財務、人事、情報システム、物流、購買、生産技術等のサービス提供を行なっています。

2011年7月25日 09:22

子どもたちからのプレゼント

 みなさん、ご安全に!私は中山住電新材料有限公司(以下、ZSH)人事総務課の劉文欣(リュウ・ウェンシン)です。

 ZSHのある中国広東省中山市は、珠江デルタの南西部にあり、省都である広州市から南西に約85kmの場所に位置します。中山市は、泉眼の温泉、古鎮の灯市などが有名で、香港やマカオにも程近く、緑豊かな素敵な町です。
 ところで、「中山」という名は中国各地で道の名前に使われていますが、この中山市こそが、孫中山、つまり中国の革命の父と呼ばれる孫文先生の故郷です。ご存知でしたか?20年ほど前は、香港向けに出荷する商品作物を作る農業中心の町でした。しかし、町の東側が珠江に臨む地理的条件と改革解放政策の後押しもあり、1991年3月に国務院より1期目の国家ハイテク産業開発区として「中山火炬高技術産業開発区」に指定され、今ではハイテク産業やバイオテクノロジー産業などの拠点が設けられた一大工業エリアへと変貌しました。当社はこの開発区内に1995年8月に設立されました。

6月上旬。暑かった・・・( *-*;

▲ 6月上旬。暑かった・・・( *-*;

 今回は当社の社会貢献活動についてご紹介します。当社では、工会(労働組合)活動の一環として、毎年、様々な社会貢献活動に取り組んでいます。この取り組みに対し、2009年と2010年に中山火炬高技術産業開発区から優秀工会として評価されました。
 昨年は、敬老の日に「中山火炬開発区敬老院(老人ホーム)」へ慰問に伺いましたが、今年は、工会メンバー14名で、子どもの日に「中山市児童福利院(孤児院)」を訪れ、子どもたちと交流しました。

 現在、中山市児童福利院には乳幼児から高校生までの400名強の子どもたちが暮らしています。私たちが訪れたのは平日の昼間だったこともあり、就学児童は学校へ出掛けていましたが、幼稚園以下の子どもたち45名が私たちを迎えてくれました。

 事前に購入した衣類、牛乳、文具、漫画、玩具等をお土産に持って行くととても喜んでくれて、お礼に子どもたちがダンスや歌を披露してくれました。

お土産持って来たよ~♪

▲ お土産持って来たよ~♪

参加した社員たち( ^ - ^ )/

▲ 参加した社員たち( ^ - ^ )/

 昨年の敬老院への慰問の際もそうでしたが、訪問した私たちの方が元気をもらうような、今回もそんな気持ちでいっぱいになりました。子どもたちとの記念写真は掲載できませんが、みな本当に元気で可愛い笑顔を見せてくれました。私たちにとって最高のプレゼントです☆
 今後もこのような取り組みを通じて、一人でも多くの方々に笑顔をお届けできる活動を継続していきたいと考えています。

中山住電新材料有限公司

中山住電新材料有限公司
当社は、住友電工ファインポリマー(株)の子会社として1996年に操業を開始。現在の従業員数は約800名。主に、プリンターやコピー機に使われる「ローラ」、炊飯ジャーの内鍋やホットプレート等に使われるプレス成形が可能なフッ素樹脂コートアルミ板の「スミフロン®コートアルミ」、水処理に使われる「ポアフロン®精密濾過膜モジュール」などを製造しています。 昨今、中国でも環境への関心は非常に高まっており、これらの製品が今後の環境社会に貢献するものとして期待されています。

中山住電新材料有限公司Webサイト  http://www.sumiden-zs.com/