アジア

2015年7月23日 09:50

ネパール大地震で被災者への支援活動を行いました

SEI Trading India Pvt. Ltd.(SETI)のChatterjeeです。

2015年4月25日に、ネパールでマグニチュード7.8の大きな地震が発生、その後も断続的に続く余震により、多くの犠牲者が出ました。今回の地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

このニュースを受け、ネパールでもビジネスを展開しているSETIと、ネパールの現地代理店Map Entrepreneurs Pvt. Ltd.(MAP)、住友電工の光機器事業部、海外営業部が協力して、少しでも復興のお役に立てればと、被災者への支援活動をおこないました。

支援物資を積んだトラック

▲ 支援物資を積んだトラック

支援活動としては、MAPの社員が被災した地域や、家族や家を失った子供たちが生活する孤児院を回り、仮設テント、水、食料などの支援物資を配布しました。配布した支援物資は、MAP、住友電工と協力し、集めたものです。今回の活動を通じて、微力ではありますが、被災者の方々のお役に立てたのではないかと思っています。

震災の被害は非常に大きく、復興には長い時間が掛かりそうですが、今後も被災された方々のため、何らかの支援をしたいと考えています。

被災された皆様に仮設テントをお配りしました

▲ 被災された皆様に仮設テントをお配りしました

孤児院にて毛布やサンダルをお配りしました

▲ 孤児院にて毛布やサンダルをお配りしました


SEI Trading India Pvt. Ltd.

SEI Trading India Pvt. Ltd.

1996年にニューデリーに設立された駐在員事務所を引き継ぐ形で、ネットワーク営業本部の販売拠点として、2011年に設立されました。主に、情報通信関連製品の販売、融着機保守の事業を展開していますが、空気ばね、超電導線材の販売、住友電工グループその他部門のインドビジネス支援もおこなっています。



2015年5月11日 16:40

SEPMで献血を行いました!

こんにちは!SEPM(マレーシア)のモーガンです。

本活動は、SEPMのFirst Aiderチームのメンバーが公立病院のスタッフに、献血プログラムを運営できないかと相談をされたことがきっかけで始まりました。以来、20年以上活動を続けています。

2010年には、SEPMのFirst Aiderチームが、安全部の管轄となったため、安全部が主体となって献血プログラムを運営することになりました。
どうしても実施できない年もありましたが、なるべく毎年実施できるよう、全力を尽くしています。

今年は、病院スタッフ7名とSEPM従業員9名がプログラム運営に携わり、1日で113人の社員にご協力いただき。集まった血液は86袋にもなりました。

▲ 献血に協力してくれたみなさん

▲ 献血中の様子(献血の針は痛そうですね・・・)


多くの社員の協力を得て、今年の献血プログラムも大成功でした。
これからも、多くの社員の協力を得て、より多くの方の力になれるよう取り組んでいきます。

▲ プログラム運営のみなさんと

2013年12月24日 09:07

社員ボランティアがタイ・小学校 設備の改装で社外貢献

こんにちは!
タイにあるSumitomo Electric Sintered Components (T) Co., Ltd (SEST)の柚木です。

SESTでは、2011年からCSR活動の一環として、社員有志を募り、当社から約40分の場所にあるBan mab pai school(公立小学校)にてボランティア活動を行っています。この小学校は、当社従業員数名の母校でもあります。

本ボランティア活動ですが、昨年は残念ながら日程調整の問題で中断しておりました。今年は、約60名の社員有志と当社の保全およびITメンバーの力を借りて、コンピューターの修理や照明・扇風機などの修理、絵本の寄付、さらに、子どもたちと一緒に遊具のペンキ塗り、校庭の掃除などを行いました。

その後は、おむすび、手作り唐揚げ、ポテトフライなどの軽食を子供たちに振る舞い、みんなで楽しい時間を過ごしました。

今回のボランティア活動の終わりに、子供たちが毎日下校前に全員で合唱している「勉強をがんばろう、親、先生を敬おう、麻薬はしない等々」の言葉を聞かせていただき、あどけない子どもたちの姿と子ども時代の自分を重ね合わせて心が洗われる思いがしました。先生からは非常に感謝しているというコメントを頂きましたが、我々がこの活動から得た物の方が多かったと思います。今後もこの活動を継続できる様に、頑張って行きたいと思います。

Sumitomo Electric Sintered Components (Thailand) Co., Ltd.

Sumitomo Electric Sintered Components (Thailand) Co., Ltd.
Sumitomo Electric Sintered Components (Thailand) Co., Ltd.は、住友電工グループ 焼結部門の関係会社で、焼結部品の製造・販売会社として1996年に設立され、今年で17年目を迎えます。立ち上げ当初のアジア通貨危機、2008年のリーマンショック、そして2011年のタイ洪水などの、さまざまな苦難を乗り越えて売り上げの拡大を続け、現在は従業員600人以上と、海外の焼結部門で最も大きい工場の一つに成長しています。

2013年10月 1日 15:46

『Dual Vocational Training活動』にてタイ国教育大臣より表彰されました

ご安全に。
Sumitomo Electric Sintered Components (T)Co., Ltd  SESTの柚木です。

一年中暑いタイではありますが、今の時期は日本より過ごしやすいです。日本の残暑は厳しいと思いますが、皆さん、体調管理には十分にご注意下さい。

▲ 左から私、教育大臣のMr. Chaturon Chaisang、Bangpaknog大学教授

さて、SEST(以下、当社)では、2010年5月から近隣のBangpakong Vocational Collegeと協力して、タイ政府の推奨するDual Vocational Training (以下DVT)活動に取り組んでおります。DVT活動とは、最新設備を有する民間企業が主体になりOJT等を通じてタイの若い世代に高度な技術、技能を学校教育の一環として習得してもらう活動のことです。この活動には、タイ全土421校の職業訓練校とそれを上回る数の民間企業が参画しています。今回、多くの参加企業の中から本活動への貢献度が高いと認められた63社中の1社に当社が選ばれ、8月19日にタイ国教育大臣から表彰を受けました。

▲ 左からSEST総務 Ms. Jiraporn Manager、私、Bangpakong collegeのDirector Mr. Chaloempon Jittipasata、Deputy directorのMr. Chawalit Lampongm、DVT team leader projectのMr. Teerapong Watayotha

当社では、Bangpakong Vocational Collegeに通う経済的に恵まれない学生を中心に、1ヶ月のうち2週間お預かりして、技能や英語教育、そして住友事業精神に関する講義も加えた、DVT活動を実施しています。年に一度は、それぞれの学生さんのご家族と職業訓練校の教授をお招きして、当社についてご理解頂くとともに、当社の指導内容を丁寧にご説明しています。その際、ご家族や学校の先生から多くの感謝のお言葉を頂きました。

普段は、我が子のような学生さん達が、必死に当社の技能習得に取り組んでくれている姿に私たちは日々心を打たれています。また、私自身も、時にはお茶を飲みながら雑談し、楽しい休憩時間を過ごさせてもらっています。

▲ 実習風景

▲ 監査風景

Sumitomo Electric Sintered Components (Thailand) Co., Ltd.

Sumitomo Electric Sintered Components (Thailand) Co., Ltd.
Sumitomo Electric Sintered Components (Thailand) Co., Ltd.は、住友電工グループ 焼結部門の関係会社で、焼結部品の製造・販売会社として1996年に設立され、今年で17年目を迎えます。立ち上げ当初のアジア通貨危機、2008年のリーマンショック、そして2011年のタイ洪水などの、さまざまな苦難を乗り越えて売り上げの拡大を続け、現在は従業員600人以上と、海外の焼結部門で最も大きい工場の一つに成長しています。

2012年10月12日 16:15

WIN-M社(マレーシア)からのCSR活動レポート -Part2-

 昨年に引き続き、Sumitomo Electric Wintec (Malaysia) Sdn. Bhd.(WIN-M)のSuriana(スリアナ)さん 、Shazeline(シャゼリン)さんから、CSR活動レポートが届きましたのでご紹介します。


 WIN-Mでは、ムスリムの断食月(ラマダーン)に、セランゴール州にあるRumah Amal Suci Rohaniという児童養護施設に寄付を行いました。

 この児童養護施設は2010年7月に設立され、2歳から12歳の孤児、貧しい子どもたちのケアをしています。他の施設と異なる点は、文字の読めない子どもたちの受け入れも行っている点です。住まいの提供だけでなく、子どもたちの相談にのったり、カウンセリングをしたりするという活動を行っています。

 しかしながら比較的新しい施設であるため、子どもたちに十分なケアを継続するための様々な援助を必要としていました。そこで私たちは、WIN-Mメンバーに呼びかけ、RM1612.00の現金、お米、小麦粉、お砂糖、油などの食料、歯ブラシ、石鹸などの日用品、文房具、洋服などを集めて寄付を行いました。

 今回の活動は2回目ですが、私たちは、みんなの暮らしをよりよくするために、今後もこの活動を続けていきたいと思います。

食料、日用品などを寄付しました。

▲ 食料、日用品などを寄付しました。

贈呈式の様子。

▲贈呈式の様子。

2012年5月 7日 09:40

マングローブ林を守る植林活動に参加しました

マングローブ林の植林活動

▲マングローブ林の植林活動

 みなさんこんにちは。

 Sumitomo Electric Wintec (Thailand) の田口です。
 今回は、当社が2012年4月6日に参加した、マングローブ林の植林活動についてご紹介します。

 当社は、バンコクの南東約30km、チャオプラヤー川の河口からタイランド湾につながる海岸の近くに位置しています。この海岸には、きれいなマングローブ林が広がっています。

汗だく、泥だらけの社員たち

▲汗だく、泥だらけの社員たち

 マングローブ林は、みなさんご存知のように海岸への波の影響を食い止める役割を持つほかに、海岸線に生息する生物を養い、また二酸化炭素を吸収することにより地球温暖化防止にも役立つ、地球にとってとても大切な群生林です。
 ところが近年では、伐採や開発によるマングローブ林の破壊が世界的な問題となっています。
 そこで、この大切なマングローブ林を守るため、みんなで小さな苗木を植林して育てていこうというのがこの活動の趣旨で、毎年3月から5月の間に、近隣の100社以上の会社が植林活動に参加しています。

 当日は、社長をはじめとした当社の従業員とその家族、合計70名以上が現地を訪れ、植林活動を行いました。
 タイで最も暑い季節であるこの時季、太陽の光が真上から降り注ぐ中、みんなで干潟の中に入り、1,500本のアビシニアという低木の苗を1本1本丁寧に植えました。全て植え終わるのに2時間ほどかかったでしょうか。みんな汗だくでへとへとになっていましたが、それでも、「楽しかった!」、「気分は爽快!」との声を多く聞くことができました。

 当社がこの植林活動に参加するのは今回が初めてでしたが、地球にとって大切なマングローブ林の保護に貢献していくために、来年以降も参加していこうと考えています。

みんなで記念撮影

▲ みんなで記念撮影

Sumitomo Electric Wintec (Thailand) Co., Ltd.

Sumitomo Electric Wintec (Thailand) Co., Ltd.

住友電工初の海外製造拠点として1969年に設立。
以後、タイ国内、アメリカ・中国といった第3国向けに、自動車やエアコンのモータなどに使用される巻線等の製造・販売を行っています。

2011年12月14日 13:05

「中学生の職業体験」の受け入れを行いました。

 みなさん、こんにちは。
 Sumitomo Electric International (Singapore) Pte. Ltd. (SEIS)のヴィーナスです。

 SEIS社では、昨年よりCSRの一環として、シンガポール日本人学校中学部の要請にお応えして、当社で1日職業体験を実施しています。
 今年は、10月27日に、14歳の日本人中学生1名を受け入れました。
 生徒さんには、午前9時に出社して頂き、当社の概要、各部門の日常業務に関する短いオリエンテーションのあと、私が働いている経理部門の仕事に就いてもらいました。
 まず、私たちの上司から経理部門の役割と主要な会計用語を説明。その後、会計ソフトウェアを使ったデータ入力、請求書や電信送金への対応、領収書の発行など、私たち3人の経理部門スタッフが日々行っているそれぞれの仕事のやり方を見てもらった後、実際に体験して頂きました。

 職業体験は8時間と、私たちの仕事を全て見て頂くにはとても短かったのですが、経理部門の仕事とはどういうものか、企業で働くとはどういうことかを、楽しみながら実際に経験する良い機会となったのではないでしょうか。
 私たち3人も、とても楽しんで職業体験の受け入れができました。生徒さんにも、私たち3人や、SEIS社での思い出が残れば嬉しいです。

職場体験の様子

▲ 職業体験の様子

 みんなで記念撮影

▲ みんなで記念撮影

Sumitomo Electric International (Singapore) Pte. Ltd.

Sumitomo Electric International (Singapore) Pte. Ltd. (SEIS)

SEIS社は、東南アジア地域のグループ会社に対して、財務・国際資材調達・物流・情報システム・人事・国際法務に関する支援・指導を行っています。
(写真:SEIS社の入っているビル)

2011年10月13日 09:30

WIN-M社(マレーシア)からのCSR活動レポート

 Sumitomo Electric Wintec (Malaysia) Sdn. Bhd.(WIN-M)で教育を担当しているSuriana(スリアナ)です。

 みなさんご承知の通り、マレーシアでも、企業の社会的責任(CSR)を果たすことは、今や事業活動に組み込まれた一つの標準形となりつつあり、環境、顧客、社員、地域社会などのステークホルダーからの要請に応えていくことが求められています。

 私たちWIN-M社でも、住友電工グループの一員としてCSR活動に力をいれており、今回のレポートでは、今年行った活動をご紹介します。

 ちょっと前になりますが、4月には、シャーラム近郊の中学校に6台のパソコンを寄付しました。
 また、8月のムスリムの断食月(ラマダーン)には、近隣企業のShin-Etsu (Malaysia) Sdn. Bhd.と、SCA Hygiene Malaysia Sdn. Bhdと相談し、共同でチャリティイベントを行いました。具体的には、社員から着なくなった洋服を集め、地元の児童養護施設や恵まれない人々に寄付をすることにしました。
マレーシアでは、お互いに助け合う精神が根付いています。たくさんの社員から、洋服以外にも、お米、砂糖、ミルク、小麦粉などがたくさん集まり、運送用のトラックがいっぱいになるほどでした。

 こうした活動が、みなさんの生活の負担を少しでも軽くすることを願っていますし、今後もCSR活動を続けていきたいと思っています。

運送用のトラックがいっぱいに!

▲ 運送用のトラックがいっぱいに!

チャリティイベントでの記念撮影

▲チャリティイベントでの記念撮影

Sumitomo Electric Wintec (Malaysia) Sdn. Bhd.

Sumitomo Electric Wintec (Malaysia) Sdn. Bhd.
当社は、1988年の設立以来、巻線・消磁コイルの製造・販売をしています。巻線(マグネットワイヤー)は、情報通信機器、自動車用電装品、産業用モーター、家庭用電化製品等の基幹部材として、私たちの生活を取り巻く広範な分野で重要な役割を果たしています。

2011年9月16日 09:00

麻薬撲滅活動で企業初の金賞受賞

สวัสดีค่ะ(サワディーカー)、ヌッチャリです。

▲ สวัสดีค่ะ(サワディーカー)、ヌッチャリです。

 Sumitomo Electric Wiring Systems(Thailand)Ltd.(SEWT社)のヌッチャリ(Nucharee)です。

 今、タイは雨季(6月~10月)、シトシトと雨が降る日が続いています。
 しかし、タイにあるSEWT社では雨にも負けず、様々な社会貢献活動に取り組んでいます。その中から本日は、麻薬撲滅活動『TO BE NUMBER ONE 活動』の取り組みについて紹介させて頂きます。

 『TO BE NUMBER ONE 活動』は、ウボンラット王女をプロジェクトリーダーとする麻薬撲滅のための王室プロジェクトで、その目的は「脱麻薬のため一致団結をしよう」とタイ国民全員が力を合わせることにあります。
 この『TO BE NUMBER ONE活動』はタイ国民であればだれもが知っている活動で、SEWT社だけでなく、数多くの企業・団体等が取り組んでいます。

新入社員へのオリエンテーションの様子

▲ 新入社員へのオリエンテーションの様子

 SEWT社では、「社内の麻薬撲滅の意識を育てる活動」、「若者を麻薬から遠ざける活動」、「社外と麻薬撲滅ネットワークをつくる活動」などを行っています。

 具体的には、社内の麻薬撲滅の意識を育てるために、「掲示板や放送での呼びかけ」や「パンフレットの作成」、「新しく会社へ入るメンバーへのオリエンテーション」などを行っています。それらの活動の結果、入社後は社員全員が『TO BE NUMBER ONE 活動』のメンバーとなり、様々な活動に積極的に参加しています。

 そして、若者を麻薬から遠ざけるために、「社員の子供を会社に呼ぶ」、「近隣の学校に赴く」などの方法で、どちらも遊びながら学ぶことができるように工夫をしながら、麻薬の恐ろしさを子どもたちにわかりやすく伝えています。

授与されたトロフィー

▲ 授与されたトロフィー

 社外と麻薬撲滅ネットワークを構築するためにも様々な活動をしています。他企業に出向いて活動を呼びかけることや、ラジオを通じて『TO BE NUMBER ONE 活動』を広めることも行いました。政府機関からも他の企業や団体のサポート役を任されるに至っています。更に対外的な各種CSR活動を通じて、社員の連帯意識を高めることにも努めています。

 このように社内だけでなく、社外に向けても積極的に麻薬撲滅活動を広げたことなどが評価され、9年間の活動の歴史の中で、2011年にSEWT社は民間企業初となる『金賞』を受賞することができました。王女様より授与されたトロフィーは私たちSEWT社の社員にとってとても名誉であり、言葉にできないほど嬉しいものでした。
 会社の中で働く自分たちにも「何かできることがあるのではないか」という思いから取り組みを開始しましたので、受賞については心より嬉しいと感じました。
 今後は3年連続で取り組みを強化させた際に贈られる『ダイヤモンド賞』を受賞できるように活動をさらに高めていきたいと考えています。

Sumitomo Electric Wiring Systems(Thailand)Ltd.

Sumitomo Electric Wiring Systems(Thailand)Ltd.
当社は、自動車用ワイヤーハーネスや関連製品を製造している会社です。1994年に設立して以来、タイ国内はもとより、日本やアメリカ、アフリカなど世界12カ国に向けて製品をつくっています。会社ではコミュニケーションを重んじており、社長が週に1回ランチミーティングを開き、様々な従業員の意見を直接聞くこと等で働きやすい職場づくりを実現しようと取り組んでいます。