アメリカ

2015年10月27日 15:30

SEWSが地域貢献運動に参加しました

こんにちは。私は、米国・Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc. (以下、SEWS)の総務部でインターンをしているメーガン・シェフチクです。

ケンタッキー州南部で毎年行われているUnited Way という非営利組織(NPO)のDay of Caringとは、ボランティアに参加して地域貢献をしたい人にきっかけを提供するイベントです。このイベントを通じて企業や組織、非営利団体がつながり、地域に求められている様々なプロジェクトを行います。今年で7回目となる Day of Caring は7月29日に行われました。今回は初めてプロジェクトを教育、低所得者へのケア、健康、そしてセーフティ・ネットに関するものに絞りました。

ケンタッキー州南部のUnited Way の理事長兼 CEOのスティーブ・ウォレスさんは、United Wayの Day of Caring とは何か、また地域社会にとってどういう存在であるかについてこう語っています。「ケンタッキー州南部では、United Wayと共に活動する暖かいボランティアの方々が何万人もいらっしゃいます。そのおかげで、毎日少しずつ生活が良くなっています。その中から1200人を超える方が、思いやりの気持ちをもう一歩発展させて、7月29日の活動に参加してくださいました。みなさんのおかげで、地域のNPOを支援するための80を超えるプロジェクトが実施されました。どれも大切で、みなさんのご支援が無ければ、今年はできないところがたくさんあったかもしれません。こういうNPOでは、予算や人員、時間が足りないものですから。参加してくださったボランティアのみなさんの思いやりに大変感謝しています。『共に生きる』(Live United*1)というのは、まさにこういうことを言うんだと思います。」

今年、SEWSは2つのプロジェクトを担当しました。ケンタッキー州ウォーレン郡にあるファミリー・リソース・センターのELL/ESL*2クラスとバーレン・リバー・セーフ・スペース (BRASS)*3の支援活動のサポートです。行ったのは、寄付できる文具やぬいぐるみを持ち寄ってもらうという運動です。これに賛同してもらえるよう職場の仲間にも働きかけました。また、生活しやすい地域にするためにボーリング・グリーンにあるウォーレン郡庁、スコッツビル市、そしてエドモントン市 が私達のプロジェクトチームに参加して協力してくれました。

学校では毎年、通常のクラスでは親御さんや家族の方から文房具や事務用品が寄付されるのですが、難民や移民の生徒の家族はそうできないことがよくあります。そのため、ELL/ESL クラスの生徒さんは文房具や事務用品がほとんどない状態になってしまうのです。私たちは寄付のために集まった文具やぬいぐるみを配って回る運動をしました。これで、秋の新学期に子どもたちが戻ってきたときにはクラスに必要なものが揃っていそうです。また、今回のぬいぐるみ寄付運動の結果、300個を超えるぬいぐるみが集まりました。

毎年このイベントを通してして、地域のお役に立つことができることを大変うれしく思っています。来年もこのDay of Caring に参加して地域に貢献したいと思います。

*1 Live United:
地域内でのより良い公共の福祉を目指して協力しようというUnited Wayのスローガン。

*2 ELL/ESL:
英語以外の言語を母国語とする子どもたちのクラス

*3 BRASS:
地域のDV(ドメスティック・バイオレンス)シェルター。10の郡が連携したバーレン・リバーエリア開発地区と呼ばれる地方公共団体にサービスを提供しています。子どもたちは、最初にシェルターにやってくるときは、たいてい身一つです。BRASSでは、このような子どもたちに動物のぬいぐるみをプレゼントしています。ぬいぐるみを持つことで子どもたちが癒されることがよくあるためです。


Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc.

Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc.

Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc.は、1986年に米国に設立された会社です。当社は、自動車用ワイヤーハーネス、エレクトロニクス機器、電子ユニット、コネクタ、ハーネス用部品の製造・販売会社です。

Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc. Website  http://www.sewsus.com/


2014年2月10日 13:22

アメリカ海兵隊運営の慈善プログラム「Toys for Tots」に参加

こんにちは!Sumitomo Electric Interconnect Products, Inc. (SEIP)のアンジーです。今日は、当社が参加している、アメリカ海兵隊が運営している慈善プログラム「Toys for Tots(トイズ・フォー・トッツ)」についてご紹介します。

この「Toys for Tots」の目的は、包装されていない新しいおもちゃを回収し、クリスマスのギフトとして、地域にいる恵まれない子どもたちに配ることです。毎年、700万人の子供たちに1,600~1900万個ものおもちゃが届けられています。

「Toys for Tots」は、1947年にロサンゼルス海兵隊のビル・ヘンドリックス少佐が個人的に5000ものおもちゃを恵まれない子供たちにプレゼントしたことから始まりました。翌年の1948年には全国的なプログラムへと拡大していきました。1959年には、名古屋市の伊勢湾台風で被災した子どもたちに、その年のクリスマスにプレゼントを届けたことで国際的なものになりました。現在ではアメリカでは誰もが知っている活動になり、1948年にはウォルト・ディズニーが「Toys for Tots」のロゴの制作に参加したことでも知られています。

米国・サンディエゴにあるSumitomo Electric Interconnect Products, Inc. (SEIP)は、2002年に「Toys for Tots」に参加して以来、12年間、この活動を応援しています。おもちゃの回収ボックスは、11月末ごろからSEIPのロビーに設置しており、12月には地域の海兵隊がおもちゃの回収に来られます。海兵隊の人員が足りない場合は、SEIPの社員が最も近い海兵隊の回収センターや、Mira Mesaにあるサンディエゴ州の流通センターまで、おもちゃを届けることもあります。

「Toys for Tots」は、地域のコミュニティに貢献できる、素晴らしい活動だと感じています。SEIPを訪れる多くのお客様からも、こうした価値ある活動に参画していることに対して、賞賛のお言葉をいただいています。またお客様が、おもちゃを自ら当社に持参され、寄付していただいたこともあります!SEIPの社員は、今後もこの活動に参加し、地域に貢献していきたいと思います。

Sumitomo Electric Interconnect Products, Inc.

Sumitomo Electric Interconnect Products, Inc.
Sumitomo Electric Interconnect Products, Inc.(SEIP)は、住友電工グループ ファインポリマー部門の関係会社で、米国サンディエゴに1985年に設立されました。
SEIP社は、照射製品の製造・販売や、ポアフロンの販売を行っています。

2013年11月25日 08:49

United Way Day of Caring

こんにちは!私は米国・Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc. (以下、SEWS) のインターンのアリッサ・ホルスターです。

2013年7月31日は、SEWSの本社があるケンタッキー州南部のUnited Way Day of Caringでした。United Way Day of Caring とは、米国の主要な寄付仲介機関であるUnited Wayが主催する、さまざまなボランティア活動を地域で行うイベントで、寄付、造園、車の洗浄、コンピューターの修理等の活動を行っています。SEWSは今年も活動に参加しました。

今年は、Bowling Greenにある本社の社員がBriarwood小学校の恵まれない生徒に対して、ペンやノートなどの学用品を4箱寄付しました。

「恵まれない生徒のご家庭では、毎月の家計の出費を払うのに精いっぱいであることが多いのですが、もし私たちが子どもたちの学用品を提供できたら、ご家庭では学校に関する心配が減ると思います。」Briarwood 小学校の生活コーディネータ、Janice Lockwood さんが述べました。

今年は、Allen, Barren, Logan, Simpson, そして Warren郡の 64以上の企業から800人ものボランティアがこうした小学校への寄付など、60ものプロジェクトに参加しました。

United Wayでは、地域社会でボランティアをすることに対して関心を持ってもらうため、またケンタッキーの中南部にある多くの会社に活動に参加してもらい、地域社会をさらによいものにしてもらうきっかけを提供するため、このDay of Caringを主催しています。

Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc.

Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc.
Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc.は、1986年に米国に設立された会社です。当社は、自動車用ワイヤーハーネス、エレクトロニクス機器、電子ユニット、コネクタ、ハーネス用部品の製造・販売会社です。1986年に設立し、社員数は約13,000名です。拠点は、米国、カナダ、メキシコに20か所以上あります。

Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc. Webサイト  http://www.sewsus.com/ 

2013年5月14日 15:18

アースデイに地元小学校と連携!

こんにちは!私は米国・Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc. (SEWS) のインターンのアリッサ・ホルスターです。

 今日は、SEWSが参加しているアースデイ*のイベントについてご紹介したいと思います。SEWSでは、「3つのR」という環境方針があり、廃棄物の削減(reduce)、再使用(reuse)、再利用(recycle)を実施しています。こうした取り組みは、未来の世代に伝えることが大切だと考えています!
(*ちなみにアースデイ(地球の日・4月22日)とは、地球環境について考えたり、行動したりする日として提案された記念日です。) 

 アースデイのイベントでは、SEWSと地元の小学校が一緒になって、子供たちにアースデイの大切さを伝えるため、エッセイ・ポスターコンテストを行いました。コンテストには、ケンタッキー、ボーリンググリーン、スコットヴィル、エドモントンにあるNorth Metcalfe小学校、 Edmonton 小学校、 Summer Shade 小学校、 Allen County 小学校、そして Jody Richards 小学校の 2500人以上の子供たちが参加してくれました。コンテストでは、小学生たちに、ポスターを作る、あるいは、「アースデイが私にとって意味すること」についてエッセイを書いてもらいました。1等賞をとった小学生には、100ドルの貯蓄債券と苗木がプレゼントされました。このイベントを通して、ポイ捨てをしないこと、ゴミを拾うこと、リサイクルをすることが私たちの環境を守るために最良の方法だということを子供たちに学んでもらいました。

 当社では、今回のイベント以外でも環境への取組みを実施しています。Edmontonにある当社の製造拠点では、使用済みのイソプロピル・アルコールの80%をリサイクルしています。またボーリンググリーンにある拠点では、Warren小学校に使用済みのトナーとインクジェットカードリッジを無償で提供しています。Warren小学校では、こうしたリサイクルできる製品をリサイクル業者に有料で引き取ってもらい、集まったお金は、Warren小学校のStudent Technology Leadership Programのために使われているとのことです(*´・ω-)b

 当社は、リサイクルやサステイナビリティに関する知識を共有できたこと、また地元の小学校の支援ができたことについて、誇りに思っています!

Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc.

Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc.
Sumitomo Electric Wiring Systems, Inc.は、自動車用ワイヤーハーネス、エレクトロニクス機器、電子ユニット、コネクタ、ハーネス用部品の製造・販売会社です。1986年に設立し、社員数は約13,000名です。拠点は、米国、カナダ、メキシコに20か所以上あります。

SEWS Webサイト http://www.sewsus.com/