環境との共生

2017年4月18日 11:00

昆陽池の再生事業に参加しています

こんにちは!伊丹製作所・安全環境グループの福本です。

今回は私の担当業務の一つである環境関係の地域貢献活動について紹介します。

安全環境グループでは、その名の通り「安全」と「環境」に関する業務があります。
私が従事している「環境」では、環境事故によって周辺地域に被害を出さないよう、日頃から排水・騒音・振動・大気に注意を傾けながら、省エネ・廃棄物削減などの地球に優しい活動に携わっています。

私たちが勤務する伊丹製作所が拠点を置く伊丹市では、自然環境の保全と再生を目的とした昆陽池水辺環境再生検討委員会が設置され、委員会のメンバー・市民ボランティアによって「伊丹の自然を守り育てる会」の活動が行われています。その会には「森部会」、「池部会」、「川部会」の3つがあり、私たちは「森部会」の活動に毎月参加しています。
参加メンバーは、安全環境グループから2名と各工場から月替わりで4名の計6名で、本活動に初めて参加した2008年4月から足かけ9年で、延べ約580名という多くの方々に参加頂いています。

活動の内容は、昆陽池中央にある日本列島を模した「野鳥の島」の環境を維持するために、島内の除草や枯れ枝の剪定、苗木の植栽や防草シート張りを実施しています。
かつては緑豊かな野鳥の島でしたが、カワウの糞害により多くが枯損木となり、自然の中での再生が困難になったことから、この活動が開始されました。

昆陽池の再生事業に参加しています
昆陽池の再生事業に参加しています

春や秋の心地よい季節の活動は良いのですが、梅雨の6月から残暑の続く10月までは、全身汗まみれになります。熱中症に注意しながら活動しますが、活動後のきれいに整備された島をまじまじと見つめると、何とも言えない充足感を得ることができます。
また、ふらっと昆陽池公園の周辺を通りかかった際も、つい野鳥の島に目が行き、青々と茂った木々を見ると嬉しい気持ちと、「枯れずに成長してくれ!」という祈りにも似た気持ちが交錯してきます。

昨年11月には、自治体の生物多様性の取り組みを評価する全国初の「生物多様性に優れた自治体」のランキングが発表され、全国665自治体の中から伊丹市は、埼玉県戸田市、神奈川県川崎市、兵庫県神戸市とともに同率1位に選ばれました。
地元企業と連携した活動が評価され、参加している私たちからすると非常に嬉しいかぎりです。貴重な経験をさせて頂いていると感じているので、今後も積極的に参加していきたいと思います。

皆様も伊丹市にお越しの際は、ぜひ、昆陽池公園と野鳥の島をご覧になって下さい。また、我こそはという方は私たちと一緒に森部会に参加してみませんか?いつでもWelcome!!です。

2016年2月29日 09:00

琵琶湖のヨシ刈りに参加しました!

ご安全に!SEIビジネスクリエイツ(株)伊丹営業所の礒道(いそみち)です。

1月31日(日)に、滋賀県大津市で開催された琵琶湖のヨシ刈りに、職場の先輩である前田(美)さんと藤元さんに誘われて参加しました。

住友電工は3月6日(日)に開催される第71回びわ湖毎日マラソン大会に特別協賛しており、このような琵琶湖の環境保全活動に積極的に参加しております。広々としたヨシ原も、約500人という大人数が集まれば、みるみるうちにヨシが刈り取られ、すっかりきれいになりました。

琵琶湖のヨシ刈りに参加しました!
琵琶湖のヨシ刈りに参加しました!

刈り取られたヨシは束ねて、3月の「びわ湖開きの日」にたいまつとして利用されるようです。また、ヨシを刈り取った後の野原はしばらく日をおいて乾燥させ、刈り跡に火を入れて焼き払われます。他の雑草の種子や病気のもとを焼ききることで、春には新たなヨシの芽が出て、ヨシの大群落が再生するそうです。

左から前田さん、私、藤元さん

左から前田さん、私、藤元さん

昔からヨシは水をきれいにする働きがあると言われています。今回、このヨシ刈りに参加することで、ヨシのこと、水資源のことを改めて知る良い機会になりました。琵琶湖の水は、淀川に流れ、流域に住む人々の貴重な水資源として利用されているので、「琵琶湖周辺の住民だけでなく、琵琶湖の恩恵を受けている人みんなが、環境保全のために活動してみるのは有意義な事だ」と感じました。

これからも、このような環境保全活動の機会があれば、自ら進んで参加しようと思います。
みなさんも機会があればぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

2015年2月18日 14:15

ヨシ狩りに参加しました

ご安全に!SEIビジネスクリエイツ(株)伊丹営業所の前田です。

1月25日(日)に、滋賀県大津市で開催されました、琵琶湖のヨシ刈りに参加しました。
去年初めて参加し、自然を豊かにする活動に共感したため、今年は同僚の吉上さん、藤元さんを誘い参加しました。

琵琶湖の水際には、イネ科の植物のヨシが広く生育しています。ヨシは、水質浄化や生き物を豊かに育む植物です。春にヨシが発芽する活力を与えるために、毎年冬のこの時期に枯れたヨシを刈り取っています。

当日は午前8時に現地に集合し、ヨシ刈りが始まりました。気温は3度でしたが、湖に近いためか、とても寒く感じました。

ヨシ狩りに参加しました
ヨシ狩りに参加しました
ヨシの高さは大きいもので4mもあります。ヨシを刈るには意外と力がいるため、狩り始めると、次第に体は温まってきました。
ヨシ狩りに参加しました
ヨシ狩りに参加しました
刈り取ったヨシは、積み重ね、荒縄で束ねます。3月の「びわ湖開き」の夜に市内7地域の湖岸でヨシたいまつとして、一斉点火されるそうです。

夏の時期にヨシがどの様に成長しているか、見に行こうと今から楽しみにしています。
大津市では、多くの地域ボランティア団体がヨシ狩りを行い、びわ湖の環境保全のために活動されています。

左:吉上さん「皆様に喜ばれるなら休日を利用してまた参加したいです。」

▲ 左:吉上さん「皆様に喜ばれるなら休日を利用してまた参加したいです。」

藤元さん「大津市の職員、ボランティアの皆様、お疲れ様です。ヨシ狩り後に食べた豚汁、美味しかったですね。」

▲ 藤元さん「大津市の職員、ボランティアの皆様、お疲れ様です。ヨシ狩り後に食べた豚汁、美味しかったですね。」


みなさんも機会があればぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

2013年12月16日 13:51

「平成25年度 リデュース・リユース・リサイクル推進功労者」を受賞!

みなさん、こんにちは。住友電装(株)安全環境部長の森田です。

今回、リデュース・リユース・リサイクル推進協議会*1主催の「平成25年度 リデュース・リユース・リサイクル推進功労者」において、当社は「経済産業大臣賞」を受賞し、10月29日に東京都内で授与式が開催されました。

この表彰制度は、循環型社会の形成に向け、3R(リデュース・リユース・リサイクル)に率先して取り組み、継続的な活動を通じて顕著な実績を挙げている個人・グループ・学校・事業所・地方公共団体等に対して、国が表彰する栄誉ある賞です。今回、全国から寄せられた127件の申請のうち大臣賞の受賞は13件でした。この中で、経済産業大臣賞は3件であり、当社グループの取り組みが国からも高く評価されたことになります。

当社は、三重県四日市市に本社があり、主に自動車用ワイヤーハーネス、及び電子機器等を製造しています。ワイヤーハーネスは、年々、構成部品が複雑化・肥大化しており、それに伴って産業廃棄物も増大傾向にあります。しかし、「生産量が増えても廃棄物量は増やさない」という意志のもと、国内各拠点で3R活動に取り組んできました。

過去数年間にわたる取り組みの成果がこのような形で認められたことは、大変うれしく思うと同時に身の引き締まる思いもあります。今後も、より一層の環境保全活動のレベルアップを図っていきたいと思います。

*1: リデュース・リユース・リサイクル推進協議会は、リサイクル社会の構築を目指し、行政・消費者・産業界等が緊密な連携のもとに、広範なリサイクル国民運動を展開するための相互連絡等を行う場として平成3年9月に設立されました。現在は、日本の深刻な廃棄物問題を解決することを目的に、3R推進のための広範な国民運動を展開しています。

▲ 受賞風景

▲ 表彰状

住友電装株式会社

住友電装株式会社
1917年に電線製造会社として創業した当社は、電線で培った技術を根幹に、自動車用ワイヤーハーネスや各種関連製品のモノづくりを世界30ヶ国以上で行っています。「つながり」は製品の働きであると共に当社が大切にしている想い。環境や地域、世界や人などあらゆる「つながり」を大切にし、信頼関係を築き上げていきたいと考えています。

住友電装株式会社 Webサイト  http://www.sws.co.jp/index.html 

2012年8月10日 13:35

海岸清掃ボランティアに参加

 みなさん、こんにちは、住友電装(株)安全環境部の大嶋です。
 当社は三重県四日市市に本社があり、主に自動車用ワイヤーハーネス、及び電子機器等を製造しています。
 今回は当社が3年前から参加している、市内唯一の自然海岸である吉崎海岸の清掃活動について紹介します。

 この海岸清掃は、かつてウミガメの産卵地であった同海岸に漂着ゴミが散乱していることを見かねた人たちによって、再びウミガメを呼び戻す目的で始められました。
 清掃活動はこの"四日市ウミガメ保存会"の声掛けにより毎月第一日曜日に行われていますが、当社としては従業員に積極的な参加を呼びかけるとともに、年に一回"重点参加日"を設け、より多くの方の参加を呼びかけています。

清掃活動の様子

▲清掃活動の様子

 今年は6/3が重点参加日であり、当社からは家族連れを含め37名が参加しました。当日は薄曇りで、絶好の清掃日和です。保存会の方を始めとして大勢の有志の方々、また子供達の団体参加もあり、総勢約150名でのゴミ拾いとなりました。拾うのは流木、ペットボトルや発泡スチロール等の樹脂類や金属ゴミなど。ちょうど6~7月はアカウミガメの産卵期ですが、砂浜にこういった障害物があると陸に上がってくることができません。特に梅雨や台風などによる大雨の後には、川の上流から流されてきた多くの漂流物が同海岸に打ち上げられ、こうなると自然物である流木も上陸しようとするウミガメにとっては大敵です。

みんなで記念撮影

▲みんなで記念撮影

 段々と天気も良くなり、暑い中、約1時間の活動でトラック約2台分のゴミを集めました。汗をかいて戻ってきたみなさんに、当社で準備した冷えた飲み物を提供し、次は環境学習の時間です。毎月色々な講師のお話が聞けますが、今回は三重大学教授によるイルカや鯨の生態についての講義でした。数多く参加している子供達にも分かるように話してくれますので、私のような家族連れのお父さんも安心です。
 実はこの活動に参加した初年度である一昨年には、7年振りにアカウミガメの産卵が確認されていますが、ここ2年間では残念ながら確認されていません。ですが、またいつの日か四日市の海岸にアカウミガメが産卵に戻ってきてくれるように、当社としても地域のみなさんと共に活動を続けていきたいと思っています。

住友電装株式会社

住友電装株式会社
 1917年に電線製造会社として創業した当社は、電線で培った技術を根幹に、自動車用ワイヤーハーネスや各種関連製品のモノづくりを世界30ヶ国以上で行っています。「つながり」は製品の働きであると共に当社が大切にしている想い。環境や地域、世界や人などあらゆる「つながり」を大切にし、信頼関係を築き上げていきたいと考えています。

住友電装(株)Webサイト  http://www.sws.co.jp/

2012年5月 7日 09:40

マングローブ林を守る植林活動に参加しました

マングローブ林の植林活動

▲マングローブ林の植林活動

 みなさんこんにちは。

 Sumitomo Electric Wintec (Thailand) の田口です。
 今回は、当社が2012年4月6日に参加した、マングローブ林の植林活動についてご紹介します。

 当社は、バンコクの南東約30km、チャオプラヤー川の河口からタイランド湾につながる海岸の近くに位置しています。この海岸には、きれいなマングローブ林が広がっています。

汗だく、泥だらけの社員たち

▲汗だく、泥だらけの社員たち

 マングローブ林は、みなさんご存知のように海岸への波の影響を食い止める役割を持つほかに、海岸線に生息する生物を養い、また二酸化炭素を吸収することにより地球温暖化防止にも役立つ、地球にとってとても大切な群生林です。
 ところが近年では、伐採や開発によるマングローブ林の破壊が世界的な問題となっています。
 そこで、この大切なマングローブ林を守るため、みんなで小さな苗木を植林して育てていこうというのがこの活動の趣旨で、毎年3月から5月の間に、近隣の100社以上の会社が植林活動に参加しています。

 当日は、社長をはじめとした当社の従業員とその家族、合計70名以上が現地を訪れ、植林活動を行いました。
 タイで最も暑い季節であるこの時季、太陽の光が真上から降り注ぐ中、みんなで干潟の中に入り、1,500本のアビシニアという低木の苗を1本1本丁寧に植えました。全て植え終わるのに2時間ほどかかったでしょうか。みんな汗だくでへとへとになっていましたが、それでも、「楽しかった!」、「気分は爽快!」との声を多く聞くことができました。

 当社がこの植林活動に参加するのは今回が初めてでしたが、地球にとって大切なマングローブ林の保護に貢献していくために、来年以降も参加していこうと考えています。

みんなで記念撮影

▲ みんなで記念撮影

Sumitomo Electric Wintec (Thailand) Co., Ltd.

Sumitomo Electric Wintec (Thailand) Co., Ltd.

住友電工初の海外製造拠点として1969年に設立。
以後、タイ国内、アメリカ・中国といった第3国向けに、自動車やエアコンのモータなどに使用される巻線等の製造・販売を行っています。

2012年4月25日 18:00

昆陽池の再生事業に参画

伊丹製作所(中央)と昆陽池(右上)

▲伊丹製作所(中央)と昆陽池(右上)

 兵庫県・伊丹市にある「昆陽池」は、関西屈指の渡り鳥の飛来地で、秋から冬にかけては鴨など多くの水鳥が飛来します。池の中ほどには日本列島をかたどった人工島があり、大阪空港を離陸した直後の飛行機の窓からその形を望むことができます。
 伊丹製作所は、隣接する昆陽池の自然環境再生事業に取り組んでいる「伊丹の自然を守り育てる会」の中で主要な活動の一つ「森部会」に参画しています。今回は、参画当時より所内で本活動を取り纏め、推進してきた伊丹製作所・安全環境グループの三宅さんに話を伺ってきました。


 周辺を住宅に囲まれた伊丹製作所は、開かれた製作所づくりを目指して、稲荷祭(4月)・緑花祭(11月)には、近隣住民や自治会役員を招待し相互のコミュニケーションを図ることを大事にしており、また、森部会だけでなく周辺の地域清掃活動や伊丹市との防災協定等を通して地域との共生に力を入れています。 
 伊丹製作所は2008年4月から本活動に参画し、所内の各関係会社・各部門から毎月6名前後の人員を募り、これまで4年間で49回、延べ282名の方に参加頂きました。
 「伊丹の自然を守り育てる会」発起の背景は、川鵜の糞害による苗木の枯損で、かつて緑豊かであった人工島(通称 「日本列島」)の苗木は甚大な被害を受け、自然の中での再生が困難になったことからです。その再生を図るため、①種子の採取、②苗木の育成、③日本列島への植栽、④雑草除去、⑤川鵜対策などが主活動となっています。特にこだわっているのは、市販の苗木は購入せず、伊丹固有種による緑の再生を目指すということで、伊丹に残る古木や周辺の山々から樹木の種子を育成するという息の長い活動を行っています。

 去る3月27日には、伊丹市民17名、伊丹市のみどり公園課2名、伊丹製作所から9名の計28名が参加し、全員が「日本列島」に渡り、枯損した苗木を撤去、腐葉土等で土壌改良、クマノミズキなど落葉樹40本程度を補植しました。また、川鵜の巣が作られないよう樹木の枝打ちや巣の撤去などの作業も加わり、慣れない上を向いての作業のため腕や腰、首がとても疲れたということでした。またこの時期、川鵜の繁殖期でもあり多数の川鵜が「日本列島」の樹木に陣取り、いつも以上に強烈な糞の臭いが漂う中での作業であり、写真の通り片時もマスクは離せなかったということから参加メンバーのご苦労が伺えます。一方で、通常なら「日本列島」へはボートを漕いで渡るしか手段はないのですが、この時期は水位が低く、周辺の岸から歩いて渡ることができたとのことで、この日の参加メンバーは貴重な体験をされたようです。

苗木を植えました。

▲ 苗木を植えました。

みんなで記念撮影。(中央に座っているのが三宅さん)

▲ みんなで記念撮影。(中央に座っているのが三宅さん)



 「日本列島」に植栽した苗木の生育率は、土壌環境、川鵜の糞害、夏場は背丈ほどにも成長する雑草が日差しを遮ることなどで50%程度と聞いていますが、今後も「森部会」の活動を通して、四季の美しさを感じられるような昆陽池再生に貢献していきたいと熱く語って頂きました。これから緑が鮮やかになる季節を迎えます。皆さんもぜひ昆陽池公園に出かけてみてはいかがでしょうか。

2011年6月20日 10:00

第9回東海ゴムの森づくりボランティアを開催しました

 こんにちは。東海ゴム・社会貢献推進室の戸成です。
 今回は私たち社員も参加を楽しみにしている「東海ゴムの森づくり」活動についてご紹介します。

 2008年7月、長野県の森林里親促進事業に賛同し、北安曇郡池田町と里親契約をしました。
 なぜ、当社の事業所が無い長野県なのか?
 当社では森林保全活動の経験が全く無く、最初、活動をどう始めたらよいか解かりませんでした。いろいろ調査した結果、行政のサポートとプログラムの点で長野県が一番よく出来上がっており、実体験を積み重ねる最適地と判断しました。その中でも、池田町は、北アルプスの美しい安曇野にあり、又、限界集落といわれた地域を一緒に元気にしましょうと地元の広津地区の皆さんと意気投合しました。そこで、池田町広津地区大峰高原の38haを契約し、春、夏、秋の年3回、従業員が1泊2日で森林保全のボランティア活動を行うことを約束しました。
 
 2008年の第一回の間伐体験は社長も参加し、それから数えて今回で9回目になります。今では、定員30名に対し応募者が多数のため、毎回抽選で参加者を決定しています。
 今春は、5月14日・15日の日程で2台のマイクロバスに分乗し、2009年の春に植樹をしたヒノキの成長を確認し、大山桜の苗木を植樹し添え木に自分の名前を書いて思い出作りをしました。その後、新緑の森での山菜採り、北アルプスが正面に見える、東海ゴムの森のアダプトサイン前での記念写真撮影、夜は地元の皆さんと一緒にバーベキューで大いに盛り上がりました。

間伐体験

▲ 間伐体験

大山桜の苗木を植樹

▲ 大山桜の苗木を植樹

 翌朝は、棚田保全活動として契約している山間の棚田で田植えを行い、馴れない手植えに苦労しながらも何とか植え終わり、汚れた足を清流で洗い流すと、ひんやりとして本当に清々しく、気持ちがよかったです。今から秋のハサガケの美味しいお米が楽しみです。お昼は郷土食体験として、地元の皆さんの指導で信州名物おやきを本格的な灰焼きでつくり、山菜のてんぷら、漬物と一緒に楽しみました。
 リピーターの社員も多く、地元のお爺さん、お婆さんとも仲良くなり故郷のような雰囲気です。
 今年も、夏、秋には、間伐、林道整備の活動に加え、農業体験、木工細工、そば打ちなどを計画しており、地元との交流と地域活性化に取り組みたいと思います。

参加者で記念撮影

▲ 参加者で記念撮影

 長野県では60を超える企業が森林里親事業に取り組んでいますが、地域を巻き込んだモデル事業として2010年2月に「大北地域森林づくり大賞」を受賞しました。また、2009年の3月に第1回長野県森林CO2吸収量認証がスタートし、当社が第1号として認定されました。
 これまでの貴重な経験を活かして、昨年8月から、当社の松阪製作所がある三重県でも、県、松阪市、地元勢津地区と協定を結び「東海ゴム松阪の森づくり」事業をスタートしました。
 東海ゴムは、これからも環境との共生に向け、各地で地元の皆さんと一緒に里山保全活動に取り組んでいきます。

 ♪ 関連リンク: TRIあったかネット  http://tri.genki365.net/

東海ゴム工業

東海ゴム工業株式会社
2009年に創立80周年を迎えた当社(愛知県小牧市)は、主力である自動車用部品をはじめ、事務機器用精密部品、各種産業用製品等、ゴム製品の材料複合化技術や高度な加工技術を応用した製品を産業界に供給しています。世界4極体制、海外8ヵ国に生産拠点を広げ、世界同一品質・世界No.1品質の実現を目指しています。

東海ゴム工業(株)Webサイト  http://www.tokai.co.jp/