メガソーラー用ストリング監視システム ホーム > システム構成と機器外観

システム構成

ストリング電流の収集はPCSごとに行います。500kWの場合のシステム構成は以下の通りです。

  1. ストリングごとに電流センサを取り付け
  2. 検出した電流値を接続箱内のストリング監視端末に取り込み、DC電源線を介してデータを送ります。
  3. PCSの周辺に配置したデータ収集装置でデータを収集します。
  4. インターネット、Modbus等を経由してデータを上位系監視システムに送信します。
メガソーラー用ストリング監視システムの構成図

 

機器外観

ストリング監視端末と電流センサ

ストリング監視端末と電流センサ

 

ストリング監視端末設置例

設置前

ストリング監視端末設置前

設置後

ストリング監視端末設置後

 

データ収集装置とカップリングユニット

データ収集装置とカップリングユニット

 

データ収集装置設置例

データ収集装置設置例
ページの先頭へ