ホーム > 技術開発 > 研究開発体制 > IoT研究開発センター

IoT研究開発センター

IoT研究開発センターでは、SEIグループの各工場と密接に連携して、「品質改善」、「検査自動化」、「予兆保全」、「安全管理」を柱に、各種センシング、無線通信、AI・ビッグデータ分析技術の適用など、製造現場を支えるIoT(Internet of Things)技術の開発・製品化を推進しています。

工場IoTシステム

近年、多数のセンサやデバイスをネットワークに接続してデータを収集・分析するIoT技術の製造分野への活用が進んでいます。
当センターでは、従来から培った無線技術を基盤として、設備の故障や稼働状況を検出する省電力無線センサや、より手軽で安価に導入・運用できるマルチホップ無線ネットワークの研究開発を行うとともに、生産管理や設備の故障予兆監視等に向けて、ビッグデータ分析技術の活用方法の研究を行っています。

工場IoTシステム

データ分析技術

製造プロセスを高度化するには、 IoTによってリアルタイムに収集された多様で膨大なデータを高精度かつ高速に分析して活用する技術が必要となります。
当センターでは、AI・ビッグデータ分析技術の研究開発により、検査工程の自動化をはじめとして、当社の様々な事業領域の製品・サービスの高度化実現に取り組んでいます。

データ分析技術
ページの先頭へ