CATVシステム

Home > CATVシステム > インターネット・IP電話システム > M-CMTS準拠EdgQAM変調器 NSG9000-6G

M-CMTS準拠EdgQAM変調器 NSG9000-6G

NSG9000-6Gは、VODやDOCSIS3.0サービスにおける下りチャンネルを効果的に増設します。

M-CMTS準拠EdgQAM変調器 NSG9000
  • シャーシ1台でVODシステム、M-CMTS準拠EdgQAM変調器として利用可
  • VODシステムでは、欧州・北米で使用されているAnnex.AまたはBのほか、日本市場向け Annex.CでQAM信号の出力が可能
  • DOCSIS3.0システムでは、DTI(DOCSIS Timing Interface)サーバと接続し、M-CMTSと同期させることにより、DOCSIS 3.0下りチャンネルボンディングによる高速データ伝送が可能
  • 最大8チャンネル出力/1RFポート、トータル144チャンネル出力が可能

伝送仕様(DOCSIS仕様)

項目 NSG9000-6G(8R1G)仕様
周波数帯域 50-1002MHz
占有帯域幅 6MHz/8MHz
変調方式 64QAM/256QAM
信号レベル
(RFポートN波出力時)
N波 Annex.A Annex.B/C
N=1 最大122dBµV 最大122dBµV
N=2 最大119dBµV 最大119dBµV
N=3 最大117.2dBµV 最大117.2dBµV
N=4 最大116dBµV 最大116dBµV
N=6 最大113dBµV 最大114.2dBµV
N=8 - 最大112dBµV
周波数設定 48MHz帯域内、任意周波数

I/F仕様

項目 NSG9000-6G(8R1G)仕様
ネットワーク側 GbE SEP×8ポート (最大1Gbps×6)
冗長:4×(1+1)、2×(3+1)
ケーブルテレビ(RF)側
(最大9モジュール搭載可)
Fタイプ メス 75オーム
1モジュールあたり2RFポート実装
1ポートあたり最大8DS出力
(Annex.B/C)
DTIサーバー側 RJ45×2ポート(DOCSIS3.0 M-CMTSで使用)
メンテナンス側 10/100BASE-TX(RJ45)×2ポート
RS232×1ポート

機器仕様

項目 NSG9000-6G(8R1G)仕様 備考
入力電圧 90~240VAC(50Hz/60Hz)
消費電力 最大580W
外形寸法 W441.3mm×H88.1mm×D581.2mm 突起物含まず
質量 28kg 全モジュール実装時
収納ラックスペース 2RU
動作周囲温度/湿度 0℃~40℃/0%~95% 結露なきこと
保管温度/湿度 -20℃~80℃/0%~95% 結露なきこと
規格 FCC Part15 Class A
EN55022/CISPR22 Class A

・JCTEA妨害評価試験確認番号:D-118
・本ページに記載されている仕様、外観等は、改良のため予告無く変更することがあります。

その他 インターネット・IP電話システム分野 関連製品
センター設備
伝送設備
宅内/棟内設備
ページの先頭へ