お問い合わせ

強みStrength

他社との違い

  1. 1合金化技術・めっき技術

    Ni-Cr、Ni-Sn等のNi系合金、Al*やCu*等の豊富なラインナップを揃え、燃料電池の構成部材、水素発生装置の電極材などに幅広く適用しております。その他Tiの金属多孔体も開発しております。

    *研究開発中

    合金化技術・めっき技術
  2. 2世界最大の生産能力

    ハイブリッド自動車用ニッケル水素電池の正極集電体に採用され続けています。

  3. 3確かな品質

    車載用製品に要求される信頼性を的確に把握し、それを
    必要な技術開発や製品設計へ反映しています。
    長年にわたる商品開発を通じて培った品質評価・解析技術があります。

  4. 4長尺化

    フープ材(コイル材)での提供が可能です。

    合金化技術・めっき技術

    フープ材
    (コイル材)

  5. 5技術サポート体制

    まずは一度、詳しいお話をお聞かせください。
    現状で製造困難と思われる案件も、どうすれば製造できるのかをお客様と一緒に考えてまいります。

セルメット®の応用展開

お客様のニーズにお応えし
高機能なセルメット®を展開します

競合材との違い

1集電体用途

高比表面積と高気孔率により、電池性能が向上します。

ニッケル水素電池の正極集電体用途

Merit

セルメット®適用のメリット

  • 気孔率が大きいため電池材料の保持量が増加し、セル容量が向上します。
  • ペースト充填方式が適用可能なため、焼結方式に比べて電極の生産性が高まります。

リチウムイオン二次電池の集電体用途

Merit

セルメット®適用のメリット

  • 厚い電極(~500μm)の作製が可能です。
  • 電極積層数を減らすことで、電池の体積エネルギー密度が向上します。

2グリスフィルター用途

高比表面積と高気孔率により、油捕集性能が向上し圧力損失を低減します。

Merit

セルメット®適用のメリット

高捕集率
  • バッフル型フィルターに比べて、比表面積が
    高いことから捕集性能が高まります。
リサイクル性
  • 材質はニッケルが適用でき、アルカリ洗浄により
    繰り返し利用することが可能です。
強度・安全性
  • セラミックフィルターに対し耐久性に優れ
    再生使用が可能です。
  • 金属繊維やセラミックの欠け、脱落がありません。
  • バッフル型フィルターに比べ熱伝導率が低いため、
    耐火性能がアップします。
軽量化
  • バッフル型フィルターに比べ、重量は1/3です。
グリスフィルター

グリスフィルター

3触媒担持体用途

高比表面積と高気孔率により、触媒担持量が増加し圧力損失を低減します。

Merit

セルメット®適用のメリット

高性能化
  • セラミックに比べて、表面積が高いことから触媒担持量がアップします。
低圧力損失
  • 多孔質アルミナに比べて低圧力損失です。
  • 高触媒担持と低圧力損失のバランスに優れています。
耐久性・強度
  • セラミックに対し、耐久性に優れ再生使用が可能です。

4水電解電極用途

高比表面積により、水素発生量が増加します。

水素発生側電流電圧特性
Merit

セルメット®適用のメリット

水素発生電圧の低減
  • 水素発生能力は電極の表面積に比例するため、ラス板やメッシュ材に比べて比表面積が高いセルメット®を適用することで、水素発生電圧を低減できます。
水素発生効率アップ
  • ラス板、メッシュ材に比べて、同一電流密度での水素発生量が増加します。