住友電工

 

導電製品事業部 トロリ線

サイトマップ お問い合わせ
トロリ線とは 産業用トロリ 鉄道トロリ 地下鉄・モノレール・新交通システム 営業窓口

選定のポイント

Home > トロリ線とは > 選定のポイント

産業用トロリー選定のポイント

産業用トロリーの用途と採用条件の目安

用途・条件/
適合 産業用トロリー
施工方法 施工場所 ライン形態 その他































使
使












湿














































































スミトロリー N型    
耐食型    
ND型    
高速型      
スミロングC          
剛体トロリー          

産業用トロリーの定格電流を負荷容量から設定する方法

産業用トロリーの定格電流を負荷容量から設定するには次のように計算し、これより大きな容量を有するトロリーを選定してください。

  1. 電動機負荷の場合
    l : 産業用トロリーの定格電流
    lm: 電動機負荷の全負荷電流
    lr: 電動機以外の負荷
    lm < 50Aのとき l=lm×1.25以上
    lm > 50Aのとき l=lm×1.1以上
  2. 電動機以外の負荷(溶接機を除く)の場合
    l=lr×1以上
  3. 電動機負荷と電動機以外の負荷(溶援機を除く)とが共存する場合
    lm < lrのとき l=(lm+lr)×1以上
    lm < lrで、
      lm < 50Aのとき l=(lm×1.25+lr×1)以上
      lm > 50Aのとき l=(lm×1.1+lr×1)以上
  4. クレーン、ホイスト等の間欠負荷の湯合
    l=主巻上モーター電流+1/2(補巻上+走行+横行)モーター電流

電圧降下の計算方法

トロリーの恒長が長い場合、給電点位置から離れたところでは電圧降下により電動機や他の負荷に好ましくない影響が出ます。このような場合は、給電点の位置をトロリーの中央に施設するか、給電点ヶ所を増やすか、または定格電流の1ランク大きいトロリーを選定するなど設計上の考慮をしてください。

電圧降下計算式

(3相の場合)
ΔV=√3・I(Rcosθ+Xsinθ)L

(単相の場合)
ΔV=2・I(Rcosθ+Xsinθ)L

ΔV
:電圧降下(V)
I
:通電電流(A)
R
:交流抵抗(Ω/m)
X
:リアクタンス(Ω/m)
cosθ
:負荷力率
L
:トロリーの長さ(m)

絶縁トロリの電圧降下率は内線規定に従ってください。

こう長が60mを超える場合の電圧降下
供給変圧器の二次側端子又は
引込線取付点から最適端の負荷に
至る側の電線のこう長(m)
電圧降下(%)
電気使用場所内に
設けた変圧器から
供給する場合
電気事業者から
低圧で電気の供給を
受けている場合
120以下 5以下 4以下
200以下 6以下 5以下
200超過 7以下 6以下

ホイスト・クレーンの必要電流容量

トロリーの電流容量の参考値を以下に示します。
ただし、負荷電流の計算条件は3相3線式200V、負荷力率0.8、負荷効率0.9。

ホイスト
種類/定格荷重(t) 電動機容量 (kw) 電流容量
(A)
巻上 横行
1 2.2 0.4 9.6
2 3.7 0.75 16.3
3 5.0 0.75 21.6
5 7.7 0.75 32.4
7.5 8.5 0.75 35.6
10 12.0 0.75 49.6
15 17.0 1.5 71.2
20 23.0 1.5 95.2
天井クレーン
種類/定格荷重(t) 電動機容量 (kw) 電流容量
(A)
主巻 補巻 横行 走行
2 7.5 - 2 7.5 50
3 10 - 2 7.5 50
5 15 - 2 10 85
7.5 20 - 3 15 120
10 20 10 3 15 140
15 30 10 5 15 180
20 30 15 5 20 200
25 40 15 7.5 30 265
30 40 15 7.5 30 265
40 50 20 10 40 340
50 50 20 10 40 340
ページトップへ
(C) 2007 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
サイトのご利用にあたって 個人情報保護方針