ホーム > 企業情報 > プレスリリース > フレキシブルフラットケーブル「Type-III WS」を開発...

プレスリリース

フレキシブルフラットケーブル「Type-III WS」を開発、サンプル出荷開始

製品・技術情報

2017年7月13日
住友電気工業株式会社

このたび当社は、高速伝送対応フレキシブルフラットケーブル「Type-III WS」がV-by-One US*1技術仕様に準拠できる見通しとなった為、同サンプルの出荷を開始しました。

ザインエレクトロニクス株式会社*2が技術仕様を策定したV-by-One US規格は、8K映像の伝送をめざし、1レーン当たり最高16Gbpsの高速伝送速度が規定されております。当社は、4K映像向けのフレキシブルフラットケーブル量産、高速伝送対応製品の開発に強みを持ち、2016年よりザインエレクトロニクス株式会社との協業によりV-by-One USの技術仕様に準拠するフレキシブルフラットケーブルの開発を進めてきました。

そして、このたび1レーン当たり最高16Gbpsを伝送可能な「Type-III WS」の開発に成功し、開発用サンプルの出荷を開始しました。本格的な販売開始は、2018年を予定しています。

2020年の東京オリンピックを控え、8K映像技術に関連する電子機器需要の増加が見込まれます。当社は、本製品を早期に提供することで各電子機器メーカーの開発加速に寄与していきます。


*1 V-by-One US
ザインエレクトロニクス株式会社が技術仕様を策定した4K, 8K映像向け次世代高速インターフェース規格であり、現在の4KテレビでデファクトスタンダードとなっているV-by-One HSに続くインターフェース規格です。

*2 ザインエレクトロニクス株式会社
高速インターフェースや画像処理の分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業。
(本社所在地:東京都千代田区神田美土代町9番地1, 代表取締役社長 高田 康裕)

  • V-by-Oneはザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。

以上

ページの先頭へ