高温超電導ケーブル実証プロジェクト

Home > 超電導ケーブル > 高温超電導ケーブル実証プロジェクト

高温超電導ケーブル実証プロジェクト

NEDO旭変電所前川製作所住友電気工業 旭変電所

プロジェクト概要

* 本プロジェクトは独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業です。

概要 前プロジェクトでは、平成24~25年に日本で初めて超電導ケーブルを実系統に接続し、1年以上の運転に成功し、超電導ケーブルの安定性・信頼性を実証した。本プロジェクトでは、さらなる高信頼性、高効率を目指して、新型の冷却システムを開発し、先の超電導ケーブルと組合わせて、その長期の運用性、信頼性を実証するものである。
実証場所 東京電力パワーグリッド株式会社 神奈川鶴見支社 旭変電所
研究期間 平成28年度~30年度
仕様 ●超電導ケーブル (三心一括型)
電圧:66kV、容量:200MVA、長さ:240m(前回と同じものを使用)
●冷却システム(ブレイトンサイクル型)
容量:5kW、COP:0.1
体制 東京電力HD(株):系統解析、実系統運転
住友電気工業(株):超電導ケーブル開発、運用
(株)前川製作所:ブレイトン冷凍機・冷却システム開発、運用
NEDO:開発マネージメント、ファンド*
三心一括型超電導ケーブル

三心一括型超電導ケーブル

ブレイトン冷凍機

ブレイトン冷凍機

ページトップへ
 

設備紹介

設備
 

運転状況

 

(約69Kにおいて、34 kg/min = 約40 リットル/min)

※画像をクリックすると、大きな画像で表示します。

 

設備点検中はデータが更新されない場合があります。

 

 

(約69Kにおいて、34 kg/min = 約40 リットル/min)

※画像をクリックすると、大きな画像で表示します。

 

設備点検中はデータが更新されない場合があります。

 
ページの先頭へ
NEDO東京電力前川製作所 住友電工