ホーム > 製品情報 > 電子部品用めっき線、合金線等

電子部品用めっき線、合金線等

PC・電子機器・家電

ニッケル合金技術、金属複合技術、金属表面処理技術などを駆使し、自動車部品や電子部品の導体等に使用されている製品です。

製品紹介

  • 合金線

    合金線

    プラグ材専用ニッケル合金線の技術を応用し、リードスイッチ用材料やマイナスイオン放電用の電極材等を開発・製造しております。


  • 複合線

    複合線

    ガラスと熱膨張係数が近い鉄ニッケル合金線と、導電率の高い銅を複合させた当社のデュメット線は半世紀に亘って様々な電子部品のリード線に使われています。


  • めっき線

    めっき線

    各種の表面処理技術の内、特に長物の電気めっき技術は、金、銀、錫、ニッケルを用途に合わせ銅や真鍮の線又は条に施して提供しています。


  • カットワイヤ

    カットワイヤ

    線表面が滑らかなため、ワイヤ放電加工機のガイド部での金属粉の発生が少なく、長時間連続使用に適しています。


  • 点火プラグ電極用金属材料

    点火プラグ電極用金属材料

    ガソリンエンジンに求められる様々なニーズに対応して、プラグ材専用のニッケル合金線等を開発しています。


  • 電線用導体

    電線用導体

    被覆電線の導体です。銅線、錫入り銅線、銀入り銅合金線等の材料を使用し、裸線と溶融錫メッキ、電気めっき(錫、ニッケル、銀)などのメッキ加工したものが有ります。また、単線と撚線(単線を集合させ捻じり加工)が有り、丸線およびテープ線(圧延箔)も対応しています。


関連サイト
電子部品用めっき線、合金線等については、以下のWebサイトにて詳しくご紹介しております。
関連リンク
ページの先頭へ