2011年7月

2011年7月25日 09:22

子どもたちからのプレゼント

 みなさん、ご安全に!私は中山住電新材料有限公司(以下、ZSH)人事総務課の劉文欣(リュウ・ウェンシン)です。

 ZSHのある中国広東省中山市は、珠江デルタの南西部にあり、省都である広州市から南西に約85kmの場所に位置します。中山市は、泉眼の温泉、古鎮の灯市などが有名で、香港やマカオにも程近く、緑豊かな素敵な町です。
 ところで、「中山」という名は中国各地で道の名前に使われていますが、この中山市こそが、孫中山、つまり中国の革命の父と呼ばれる孫文先生の故郷です。ご存知でしたか?20年ほど前は、香港向けに出荷する商品作物を作る農業中心の町でした。しかし、町の東側が珠江に臨む地理的条件と改革解放政策の後押しもあり、1991年3月に国務院より1期目の国家ハイテク産業開発区として「中山火炬高技術産業開発区」に指定され、今ではハイテク産業やバイオテクノロジー産業などの拠点が設けられた一大工業エリアへと変貌しました。当社はこの開発区内に1995年8月に設立されました。

6月上旬。暑かった・・・( *-*;

▲ 6月上旬。暑かった・・・( *-*;

 今回は当社の社会貢献活動についてご紹介します。当社では、工会(労働組合)活動の一環として、毎年、様々な社会貢献活動に取り組んでいます。この取り組みに対し、2009年と2010年に中山火炬高技術産業開発区から優秀工会として評価されました。
 昨年は、敬老の日に「中山火炬開発区敬老院(老人ホーム)」へ慰問に伺いましたが、今年は、工会メンバー14名で、子どもの日に「中山市児童福利院(孤児院)」を訪れ、子どもたちと交流しました。

 現在、中山市児童福利院には乳幼児から高校生までの400名強の子どもたちが暮らしています。私たちが訪れたのは平日の昼間だったこともあり、就学児童は学校へ出掛けていましたが、幼稚園以下の子どもたち45名が私たちを迎えてくれました。

 事前に購入した衣類、牛乳、文具、漫画、玩具等をお土産に持って行くととても喜んでくれて、お礼に子どもたちがダンスや歌を披露してくれました。

お土産持って来たよ~♪

▲ お土産持って来たよ~♪

参加した社員たち( ^ - ^ )/

▲ 参加した社員たち( ^ - ^ )/

 昨年の敬老院への慰問の際もそうでしたが、訪問した私たちの方が元気をもらうような、今回もそんな気持ちでいっぱいになりました。子どもたちとの記念写真は掲載できませんが、みな本当に元気で可愛い笑顔を見せてくれました。私たちにとって最高のプレゼントです☆
 今後もこのような取り組みを通じて、一人でも多くの方々に笑顔をお届けできる活動を継続していきたいと考えています。

中山住電新材料有限公司

中山住電新材料有限公司
当社は、住友電工ファインポリマー(株)の子会社として1996年に操業を開始。現在の従業員数は約800名。主に、プリンターやコピー機に使われる「ローラ」、炊飯ジャーの内鍋やホットプレート等に使われるプレス成形が可能なフッ素樹脂コートアルミ板の「スミフロン®コートアルミ」、水処理に使われる「ポアフロン®精密濾過膜モジュール」などを製造しています。 昨今、中国でも環境への関心は非常に高まっており、これらの製品が今後の環境社会に貢献するものとして期待されています。

中山住電新材料有限公司Webサイト  http://www.sumiden-zs.com/

2011年7月20日 09:38

港区クリーンアップ・たばこルールキャンペーン(田町駅周辺)に参加しました!

 こんにちは。東京総務秘書グループの小林です。
 以前にも本ブログでご紹介しました港区芝浦港南地区の安全・美化協議会のクリーンアップ・たばこルールキャンペーンが、7月6日(水)ついに東京本社のある田町にやってきました!!
 東京も梅雨が明け暑い夏が到来しましたが、今回は17時からの開始でしたので、日差しの影響をあまり受けずに約1時間、清掃活動に集中することができました。
 8月はお台場地区の清掃です。まだまだ頑張りますよ~!

意外にゴミってありますね。

▲ 意外にゴミってありますね。

芝浦アイランド周辺はとてもキレイ・・

▲ 芝浦アイランド周辺はとてもキレイ・・

東京本社周辺はさらに力が入ります!

▲ 東京本社周辺はさらに力が入ります!

田町駅前で記念撮影、おつかれさまでした!

▲ 田町駅前で記念撮影、おつかれさまでした!

♪ 関連リンク: 住友電工Webサイト会社案内 東京本社

2011年7月13日 09:15

淡海エコフォスターに参加しました。

 皆さん、はじめまして!住友電工ウインテック(株) 業務部経理課の岸本@信楽です。

ちなみにこの写真は当社正門前、実は信楽焼の狸を最初に作った窯元が目の前にあるのです!

▲ ちなみにこの写真は当社正門前、実は信楽焼の狸を最初に作った窯元が目の前にあるのです!

 信楽焼で有名な信楽町は滋賀県の最南端に位置し、緑豊かな山林地帯が広がっている非常に美しい町です。ただ実はとても寒暖差が激しいところで、冬は連日摂氏マイナスを記録し、四月初旬でも粉雪が舞っていたと思ったら、最近は連日30℃を超える真夏日だったりします...(^^;)

 当社は、「持続可能で環境負荷の少ない社会を構築していくことが重要である」との基本理念の下、地球的視野にたった環境保全活動を継続的かつ着実に推進しながら、マグネットワイヤー関連製品の提供を通じて、社会に貢献することを目指しています。

 その一環として、滋賀県が2000年に創設した「淡海(おうみ)エコフォスター」活動に参加しております。ちなみにエコフォスターとは、エコ(環境)とフォスター(育成する)を結びつけ、滋賀を表す「淡海」を冠した造語です。公共的場所の美化および保全のため、県民、事業者等が当該場所を愛情と責任を持ってボランティアで美化清掃する制度で、環境美化に対する県民等の意識の高揚を図るとともに、ごみの散乱を防止し、県民等と県が一体となった地域活動を推進することを目的としています。

 活動は2003年8月から毎月1回、降雨・降雪で出来なかった日を除いて社員が10数名交替で活動していますが、今回2011年7月で何と90回目になりました!

会社前から二手に分かれて国道沿いに1km弱を歩きます。

▲ 会社前から二手に分かれて国道沿いに1km弱を歩きます。

一見、自然が豊かで美しく見えますが、良く見ると色々とゴミが。。。

▲ 一見、自然が豊かで美しく見えますが、良く見ると色々とゴミが。。。

皆でゴミばさみと回収袋を持って一所懸命拾います。やはり吸い殻多し!

▲ 皆でゴミばさみと回収袋を持って一所懸命拾います。やはり吸い殻多し!

パチンコ屋さんで折り返し、往路で気づかなかったゴミも回収するべく復路も注意深く沿道を確認します。

▲ パチンコ屋さんで折り返し、往路で気づかなかったゴミも回収するべく復路も注意深く沿道を確認します。

 活動は会社近くの駐車場から国道422号沿いに東へ数百メートルのパチンコ店まで道路の両側の歩道を清掃して歩きます。猛暑の夏や積雪の冬、当番にあたる人には、ちょっと辛い作業です。

 30分ほどの活動でこんなにゴミが!皆さ~ん、ゴミのポイ捨てはやめましょう!

▲ 30分ほどの活動でこんなにゴミが!皆さ~ん、ゴミのポイ捨てはやめましょう!

 私は信楽に単身赴任で来て5回目の夏になるのですが、初めて参加した頃に比べると、散乱しているゴミが減ったように感じます。とはいえ未だタバコの吸い殻が多いのは否めません...(>_<) 空き缶やペットボトルなどを分別、最後に記念撮影して終了です。

 住友電工ウインテックが発足して来年で早10年。これからも地域の一員として、地域のみなさまと共に、環境美化活動に積極的に取り組んでいきたいと思います。


 ♪ 関連リンク: 淡海エコフォスター制度(滋賀県) http://www.pref.shiga.jp/d/haikibutsu/ecofoster/

住友電工ウインテック株式会社

住友電工ウインテック株式会社
2002年10月、住友電工の巻線事業部門と第一電工株式会社並びに、両社の共同事業会社であるウインテックワイヤー株式会社が全面的統合を行い「住友電工ウインテック株式会社」として発足以来、海外事業も含めた巻線事業を全面的に展開し、名実ともに、世界を代表する巻線の一貫統合メーカーとして発展を続けております。
巻線(マグネットワイヤー)は、情報通信機器、自動車用電装品、産業用モーター、家庭用電化製品等の基幹部材として、私たちの生活を取り巻く広範な分野で重要な役割を果たしています。

住友電工ウインテック(株)Webサイト  http://www.sei-wintec.com/

2011年7月 8日 13:09

住友電工ファインポリマー(株)震災復興支援青空市

 関西国際空港の近く、大阪府泉南郡熊取町にある住友電工ファインポリマー(株)業務部の齊木です。
 3月11日に発生した東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

青空市の様子1

 住友電工ファインポリマーでは、売店に募金箱を設置して3月21日から25日までの間に義援金の呼びかけを行ったところ、総額175,499円の協力をいただき、住友電工グループを通じて被災地にお送りしています。
 一方、会社では義援金以外の支援方法も検討してきましたが、被災地の経済がごくごく普通にまわっていくことが重要であると考え、敷地の隣接する原子燃料工業(株)と協同で、福島県産のお米・野菜・果物・飲料・加工品等を社員向けに展示即売することにしました。
 福島県から熊取まで物品を運んでもらう輸送費や仲介手数料を会社で負担し、今後3年間にわたり年に3~4回程度、こうした「青空市」を続けていこうと考えています。
 多くの人に、福島県産品の「食」で笑顔になってもらえたら、こんなにうれしいことはありません。
 写真は、6月10日に行った「第一回青空市」の様子です。

青空市の様子2

 あいにく小雨交じりの天気でしたが、なんとか保ってくれて、盛況のうちに終了しました。
 福島県からは、福島県大阪事務所の吉川副主査にお越しいただき、さらに今回のイベントを仲介いただいた(株)和郷の毛利部長も遠路はるばる東京から駆けつけてくださいました。
 そうそう、オレンジ色のエプロンとかわいらしい幟(のぼり)は、福島県がご厚意でお預けくださったものです。展示即売は当日の昼と定時後を予定していましたが、昼に完売となりました。約30万円の売り上げです。

 「次はもっと酒を買う」とか「果物がないねえ」との声もありましたので、次回は収穫の秋に開催するつもりです。

SFP

住友電工ファインポリマー株式会社
当社(大阪府泉南郡熊取町)は、「スミチューブ®」「イラックス®チューブ」を代表とする照射製品と「スミフロン®」「ポアフロン®」などの機能製品の2つの事業を柱に1999年7月に住友電工より分社し、発足しました。当社独自の技術を応用して、自動車・家電・インフラ・情報通信などの幅広い分野で社会に貢献しています。

住友電工ファインポリマー(株)Webサイト  http://www.sei-sfp.co.jp/